ここから-->

プロフィール

rfuruya4

Author:rfuruya4
ブログ、生活の一部になっています。
バイクの世界に永くいました。若い人好きです。
75才、年寄りですが、まだまだ夢もあります。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

あし@


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
では私の4つのブログをどんなコンセプトに纏めているのか。

大体こんなところである。今後1年間にまた少し変ることもあるかも知れない。
だが、今はこんな風に思っている。


goo

あくまでも、今のところは 「主力ブログ」 である。
カワサキの方も読者に多いし、二輪関係でお世話になった方も多い。
そんな方たちへのお礼状の積りで書いている。

幾らかでも、バイクやジェットスキーやこれらの業界のイメージ向上に貢献できたらと思っている。

また、今住んでいる三木市や、ブログのきっかけにもなった武雄の樋渡さんのお手伝いができればと思っている。

今まで通り、どの方向の方とも同じように対応したい。
意見やや発想は、いつの場合もホンネで。

アクセスもそこそこは狙いたい。
1日300を安定して超えたらそれ以上は余り数は狙わずに、自然に。
それまではSEO対策もして、ある程度仕掛けたい。

検索での 「雑感日記」1ページ目、1番は堅持する


Yahoo
これは、三木市を中心にした 「写真ブログ」 に徹する。
何とか1年間は続けたい。
三木に1年365日撮る被写体があるかどうか。よく解らぬがあると信じている。

「みっきいふるさとふれあい公園」という三木市の基本コンセプトの応援に少しでもなればと思っている。

4つのブログの中の「写真」の図書館、倉庫、辞書みたいな機能が果たせたらと思っている。

アクセス数には、全然拘らず、「継続」「写真の数」を目標にする。
「雑感日記」検索、4位までを狙う。


excite写真も使うが、基本的に 「私自身の考え方、発想、態度」 の図書館、倉庫、辞書みたいな機能が果たせればと思っている。

特にgooやFC2に「リンク出来る」ような内容になっていればと思う。
必要なときに引き出して使えるように貯めておく。

アクセス数には固執しない。
そんなことで従来アップ数も少なかったが、今後はほぼ毎日を狙いたい。
検索での「雑感日記」4位までを狙いたい


FC2

新しい形で、新しい層に。
あし@も面白そうだが、このアクセス数増加はやり方が単純すぎるのでそこそこにしたい。

あくまでも、YahooやGoogleでの雑感日記、「検索ページ1ページ目、出来れば2位」という質の評価の高度化を狙いたい。

20070827153147.jpg


綺麗なブログという評価を今でも頂いているので、これは続けられるように。

みっきいふるさとふれあい公園のコンセプト支援にもなる。


アクセスは4つのブログトータルで500/日以上になればいい。
これは今でも越えることはあるのだが、
基本的に量より質を大事にしたい。

4回に亘って、今までも思っていたことを、自分のために纏めてみた。
こうして発表することにより、より鮮明になる。
ブログ1周年の9月を迎えるに当たっての覚悟みたいなものである。


スポンサーサイト
私の4つのブログは、それぞれブログ同士で繋がるのだが、書き手は一人であるから人の繋がりは「ひとり」なのかも知れない。


ブログのいいところは、ブログを通じていろんな人と自由に繋がることである。
ある意味これが、一番の楽しみである。

最初、gooをはじめて、
私のブログのベースになったのは、永年勤めた「カワサキ」であった。

川崎重工業に勤めていたのだが、ブログのベースになったのは、勿論川崎重工業の人たちも大勢いるのだが、

モーターサイクル「カワサキ」を通じてお付き合いがあったりお世話になったりした人たち、或いはユーザーの人たち、モット広がってバイクを愛する人たちであった。


こんな人たちとこの1年に何人ともブログで再会したし、中には現実に会えた方もいる。

レース界の連中、山本隆、金谷秀夫、荒井市次、吉村太一、和田正宏、金子豊君などなど

販売店の人たち、服部カワサキモトボックス関、名西カワサキさん等は毎日欠かさず訪れてくれている。そのほかにも本当にいろいろ。

カワサキのユーザークラブの方たちや関西オトキチクラブなど、個人のユーザーのかたなど数え切れないのである。

そして、ずっとコメントを下さるkjさんdoppyさん
kakogawalionyaさんなども、最初はバイクやレースの関係から繋がったのである。

勿論、川重関係の方もまだ現役で頑張っている田崎さん以下、いろんな方が見て頂いているのは励みである。

そしてアクセスが急上昇したのは、「ダートヌポーツ」に雑感日記が紹介されてからである。
一挙にアクセスが上がったのでビックリした。
そのまま、続けて訪れてくださる方も、今でも「ダートヌポーツ」からのアクセスもある。

20070827143158.jpg


そんな、カワサキのバイクやジェットスキーの関係と共に、
ブログのきっかけとなった樋渡さんの武雄市との関係、
今住んでいる三木市との関係などが私のブログのベースであった。


FC2をやりかけて、こんな今までのベースからちょっと違った層への視線で展開しつつあるのが、今の現状かも知れない。

ここでコメントを下さったり、あし@でお友達になったりしてる方たちは、カワサキとか地方自治とかとは少し違っている。
新しい層の方との出会いである。

ある意味では、私を殆どご存じない、バイクとも特に関係のないごくごく一般の方たちが多い。
一様に「74才とは思えない」と仰って頂いている。

確かに、少し変っているとは自分でも思う。

このような方たちと新しく出会えたのも、4つ目のブログFC2のおかげである。
連載で4つのブログをアップしているのも、自分のためでもあり、自己紹介のご挨拶も兼ねている。

よろしくお願いしたいと思います。


何故4つもやっているのか。

いろいろ私なりに理由はあるのだが、
最も基本的なことはタテに極めるよりはヨコ展開のほうが自由度もあり、「面白い展開が出来ること」

余りそんなことをしている人がいないので、「差別化できること」


などであろうか。
物事は幾らタテに極めても、世の中には「上には上があって」とても追いつけないし、頑張っても中の上ぐらいにしか行かないのである。

ブログの縦型の一番の評価としては、アクセス数とかリンクの数などが言われているが、アクセス数にしても夢のまた夢の数値である。

私のgooでも、毎日250~300を越えるところだが、300を越えるとgooのなかの80万のうちのベスト800ぐらいには来る。
ベストのアクセス1000のときは100位前後であった。
然し、そんなことは通常は望めないのである。

なれば、4つのブログにそれぞれ特徴を持たせて、お互いに関連しあいながら、4つでの「総合的な価値を高める」ほうが面白いと思ったのである。

20070827094850.jpg


写真の貼り付けが出来るようになって、このコンセプトは成立したと思っている。

ブログの基本は何だろうか?

一つは、ベースになる発想、考え方、それを造り上げてきた経験、日常の生活であろう。日々起こる事柄である。

一つは、それを表現する文章である。文字がないとブログは成立しない。文字だけでも成立はする。今年の5月頃までのブログはそうだった。

もう一つは、写真である。写真を貼り付けられることで、ブログの内容は一変するのである。


ところが、ブログサービスでそれぞれ特徴があって、残念ながら私にとって主力のgooは写真の貼付が難しすぎるのである。
然し、gooのブログ解析は解り易くピカイチである。FC2よりはずっといい。

逆にYahooは写真の貼付は至極簡単である。ただ全体に型にはまりすぎていて、自由度が少なく、その点で余り好きになれない。

など、当然のことだがいろいろ特徴があるのである。


一般の方々は、そんな特徴のあるブログの一つの型の中に縛られてブログをやっておられる訳である。
然し一つのブログでは自ずと限界があると思う。

世の中、ヨコ展開が俄然面白いのである。
その典型がインターネットである。中心もないのに世界を制覇している。上下関係は一切ない,ヨコ一線である。


世の中に、ブログをヨコ展開しているところがあるのか?
それがあるのである。

佐賀県武雄市。「武雄市長物語」「TAIZO+TAKEO] 「市民の皆さんのブログ」それに新たに「武雄よかとこブログ」が加わった。
それらが上手く機能を分担して全体で効果を上げている。

話は飛ぶが、先日甲子園で全国制覇した佐賀北のエース久保君は武雄市山内町の出身である。こんな話題もお互いに関連しあいながら、発信されている。

広報の基本で、これは樋渡市長の企画力とリーダーシップでここまでネットワーク化されているのだと思う。

ちなみに、「武雄市長物語」はタテにも強く1日のアクセス8000以上、最高10万である。10万のときの流れが私のgooにも来て、その時アクセス1000を記録したのである。


そういう意味では、私のブログは、武雄とも武雄の皆さんともヨコに繋がっている。
ヨコの繋がりは、ある枠を越えて繋がるほうが、より楽しく面白いのである。
毎日、4つのブログをアップしている。

昨年の9月のはじめにgoo(rfuruya1)とYahoo(rfuruya133)でスタートした。
Yahooの133はブログをはじめる前に決まっていた。
ブログをはじめるきっかけの一つは樋渡啓祐元高槻市長公室長(現武雄市長)である。
(余談だが、このリンクしたブログに樋渡啓祐氏からコメントが入ったのである。ビックリした。その時は既に武雄市長。樋渡さんご本人とのとの直接関係はそこから始まった。)

はじめから二つにしたのは、どんな違いがあるのか知りたかったからである。

然し、最初の半年ぐらいは、主力のgooのアップに精一杯で、Yahooはほったらかしていたことが多かった。

excite(rfuruya2)をやりかけたのは、いつ頃だったか。
「武雄市長物語」や武雄の人たちが多く使われていて、写真が綺麗だったし、いつかあんなブログをと思って、スタートしたのは樋渡さんを知ってからだから、昨年の12月頃だろうと思ったが調べてみると今年の1月24日であった。

そのあと、「はてな」(rfuruya3)もやったのだが、仕組みがどうしても理解できずに、これは私には無理と3ヶ月ほどで退会した。

FC2(rfuruya4)が一番新しい。今、3ヶ月目に入っている。
この1年間でもっとも登録者が伸びたこと、数多くあるブログサービスの中で、独り勝ちの状況だということをあるデーターで知って、「どんなブログ」かと入ってみた。

20070827074523.jpg


ちゃんと4つが上手くお互いに機能し出してから、段々と毎日のブログの更新が面白くなってきた。
4つはお互いに関連しあっているのである。

そのキーが「写真」であった。写真が貼り付けられるようになったのは、FC2に入る直前である。
まだ写真の貼り付けがやっとできたというレベルであった。

今でも、主力はgooであることに変りはない。
後の三つはgooを補助するものとして位置づけている。

もう直ぐ、ブログ1周年である自分のためにブログの総括をしておきたいと思ったのである。
幾つかの連載になると思う。



そんなことで、このブログにも「3つのブログ雑感日記」を右側にリンクしてある。
よければ一度、覗いてみて下さい。

サンテレビ万歳

阪神ー中日2-0で勝っている。今朝新聞で知った。

昨夜は阪神中日戦をテレビで見ていたのである。
中日小笠原の好投で15の三振を喫して0点に抑えられていたが、9回浜中、シーツが連打で無死一,3塁、金本が敬遠されて満塁、打者林。

ここで中日は守護神岩瀬がマウンドへ。

誰が見てもこの試合最大の山場である。
こんなところで、
「誠に残念ですが、放送時間は後30秒になりました。この結果は0時からのニュース番組の時間にーーーーーー」

これで終わりである。
こんな放送局ばかりである。
この写真の道のように、見えるようで先が見えないのである。
昨夜は、放送が切れた直後の林の犠飛で1点がはいったというから余計に腹が立つ、

20070826152458.jpg


プロ野球の人気が落ち、視聴率も落ちたからこういうことになるのだと思うが、これは視聴者を馬鹿にしている。
こんな放映態度が日本プロ野球の人気低迷に拍車を掛けているのではないか。


そんな中にあって、サンテレビだけは、阪神の応援を鮮明に打ち出し、放送をはじめたら必ず最後まで放映する。

見ているほうは安心である。サンテレビのときは「今日は野球を見るか」という気持になる。

たまにABCがやるサンテレビとの掛け持ち放送。これもいい。

6時から7時まで、サンテレビ。7時から9時までABC。
そして、9時から再びサンテレビが引き受けて最後まで。
こんなリレー放送だが、各局もせめてこのようなシステムを何故採らないのか。

サンテレビ、万歳である。

今夜の中日戦は、残念ながらサンテレビの放送はない。
だが、BSでNHKがやる。これは最後までである。
今夜は、野球を見ることにするか。最後まで見れるから。

別に、カリカリの阪神ファンではないが、ちゃんと結末は見たいものである。

バラの剪定

8月25日は毎年秋バラの剪定をすることに決めている。

午前中掛かって大体片付いた。
こんな具合である。
20070825191544.jpg


バラはいい花を咲かせるためにはいい枝を育てなければならない。
いい枝からは、自然にいい花が咲くのである。

秋の剪定は冬のように深くはなく3分の2ぐらいのところで揃え、細い枝などを残した常態である。

よく見て頂くと、青く太い枝が下から伸びているが、この枝が来年以降の主力の枝で、茶色の枝は今は残しているが、来年は根元から落としてしまう。
そのようにしながら、新しい若い枝を残してゆくのである。

20070825192410.jpg


この写真のバラはイングリッシュローズだが、上手く育って殆ど青い今年出たシュートばかりで株を構成することができた。

多分いい花が見られるであろう。
20070825192939.jpg


これもプリンセスドモナコだが、真ん中の枝がいいので、左の旧い枝を落とすかどうか迷ったのだが、残している。落としたほうがよかったかも知れない。

つるバラを入れて70本ほどあるが、毎年何本か枯らしてまた何本かを加えている。
挿し木もあるのでどんどん増えてきたが、もう植える場所がない。
裏のこんな場所まで、バラが植えてある。


20070825193640.jpg


写真が綺麗と褒めて頂くが、今日の写真は綺麗なバラを見るための下準備である。
10月に咲いたところは多分綺麗な写真をご覧頂けると思う。

乞うご期待である。

神社仏閣

極く最近まで、神社仏閣など訪ねたことはなかった。

伊勢神宮であるとか奈良の大仏殿、法隆寺など勿論行ったことはある。
然しこれらは旅行とか、観光の一貫として誰かと同行したのであって、独りで訪ねた訳ではない。


最近、写真を撮るようになってこの近くの寺などを訪ねてみると、ツアーなどとはまた違った静かなお寺に出会って本当に心安らぐ思いがする。

20070824213712.jpg


これは何故か同じ名前で、三木に幾つもある御坂神社だが、どこの神社も大きな木に囲まれている。所謂鎮守の森である。

20070824214221.jpg


人間、自然の中では小さく見えるが特に大木と対峙すると、何と表現したらいいのか一種独特の気持になるものである。

西洋では自然と同等に対する。 洋画に於ける人物はむしろ自然を背景に、人を描く。
東洋では、自然の中に小さな存在として人物が描かれる。

明治までは日本語に 「自然」 という言葉はなかったという。
「自然」 は訳されて出来た新しい言葉だというのである。

では、なんと表現していたのか。 それは 「天地」 と言っていたという。

20070824215546.jpg


それにしても、何故こんなに美しいのか。
永い年月を経た美しさなのだろうか。
写真に撮って、それを眺めているだけでも安らぐが、その場にいると暑さも忘れるように思う。


20070824220013.jpg


この美しさは西洋の教会には見られない、日本独特のものである。

ブログの目標

SEO(Search Engine Optimization)「検索エンジン最適化」ということだそうである。

アクセス数を増やす場合に、ネットの検索によってそこから訪れる人が多い。

ある言葉を検索したときに1ページの1番から順に表示される。
その時、若し1ページにその名前があれば50%の確立でアクセスがあるというのである。

じゃあ、どのようなことでその順番は決められるのか?
解説によると、Yahoo,Google,Livedoorのそれぞれの検索でいろいろあるようだが、一言で言うと内容のいい、質のいい順番に並ぶのだという。
20070824104108.jpg


これを知ってから、私のブログ今4つやっている「雑感日記」が4つとも1ページに並ぶこと、出来たら1番から4番に並ぶことを目標にしたのである。

例えば、Yahooでは「雑感日記」は1000件以上がが登録されているのだが。
1番(goo)、2番(Yahoo)と私の雑感日記が来るが後の2つはまだ出てこない。

ところが、Google,とLivedoorでは1番(goo)とあと3つが1,2ページに出てくる。もう少しのところである。

他の一般的な言葉でも、例えば「武雄市」だけでは出てこないが、
「武雄市 樋渡啓祐」と並べると私のブログが1ページに並びそこからアクセスしてくれる人があるという解釈である。


そんなことで、第3者機関が、質なり価値の評価をしてくれるのは非常に励みになるのである。

このFC2の「雑感日記」も8月26日スターと以来まだ短いが、ヤフー以外では2ページ目までに出てくるまでになった。

もう少しである。

佐賀北を応援した人は多分多いだろう。

地方の県、佐賀の公立校が強豪帝京を破り、広陵に挑戦する。
誰しも佐賀北を応援したい気持にするだろう。

私も、佐賀北を応援した。
20日から、一生懸命応援した。

「ひょっとしたらひょっとする」とブログに書き続けた。

何故? それは、エースの久保君の出身地が佐賀県武雄であったためである。
そして、そのことを武雄市長の樋渡さんのブログで知って以来、佐賀北のファンになった。

ホントは佐賀北のファンと言うより、樋渡啓祐のファンなのである。



若しよろしければ、3日間のブログをどうぞ。

佐賀北            8月20日
再び、佐賀北         8月22日
佐賀北高 優勝おめでとう   8月22日


どこの新聞にも載っていない「エース久保君の武雄」のことを「武雄よかとこブログでどうぞ。
「武雄の文字はなかったが「がばい感動V」はありました。
「がばい」は今、武雄ば本場です。

サッカー日本代表

アジアカップは予想外の4位に止まった。

オシムさんは今日のカメルーン戦では特にFWのメンバーを一新して望むようである。

アジア杯からは佐藤だけが残って、大久保、田中、前田、高松など新しいメンバーが選ばれている。

今のJりーグの選手たちはみんな実力者である。
昔のようにトップの選手たちとの差はあったとしても僅かである。

選ぶ側からしても難しいと思う。

20070821194446.jpg


今回大久保が選ばれたのはいいことだと思う。
日本人選手で得点実績第1位は無条件で選ぶのは当然と思う。

MFは別にして、FWは点を取る専門家でなければならない。
惜しかったでは駄目なのである。

日本のサッカーは「上手くはなったが決定力が」、と言われて久しい。
日本人の得点王は必ず選ぶという不文律みたいなものを作ることが、
とにかく点を入れてなんぼという体質に、Jリーグの段階から変っていくと思うのだが

佐賀北高校

佐賀北高校。その名前をご存知の方は多いと思う。

今年の夏の甲子園、今日準決勝だが長崎日大と対戦する。

佐賀北の勝ち方が素晴らしい。
大会初戦を接戦で勝ち、2回戦は15回延長引き分け,その再試合をモノにし、強豪帝京を13回延長で下した。

佐賀北は公立校なのである。
公立校が甲子園に出場するだけでニュースなのに、劇的な勝ち方の連続で、今日準決勝である。


この佐賀北の久保投手。甲子園で27回連続無失点でここまで来ている。
これは大記録である。勿論自責点ゼロである。
1点もやらないのだから、延長戦になっても勝つのである。

と詳しそうに書いているが、実はテレビで見たことも無い。
だから、どんなピッチャーなのかも解らないままに書いている。
今日の午後はこうして書いた以上見て応援してあげたい。


この佐賀北の久保投手は佐賀県武雄の山内町の出身である。
今でも毎日、武雄から通学しているそうである。

こんなこと、どこの新聞にも書いていない。
ニュース源は、ブログ。それも武雄市長樋渡啓祐さんの「武雄市長物語」からである。


樋渡さんとは、一面識もなかったのにブログで繋がって、いろいろあったが、三木市と武雄市は人事交流協定を結んだ。

三木に来られたときにはお会いすることも出来た。

何度も私のブログに訪ねてこられてコメントを下さっている。


私がブログをやりだしたのも、写真を撮り出したのも樋渡さんの影響である。

まあ一度、「武雄市長物語」訪ねて見て下さい。とてもお堅いお役所の長のブログとは思えません。
1日に8000以上のアクセスのある人気ブログなのである。
ちなみに、つい最近まで全国最年少の市長さんでした。

そんなことで、今日は佐賀北を応援しようと思っている。










続きを読む »

FC2のブログをやりだしてまだ3ヶ月です。
非常にいいのですが、最新の電化製品のように機能が多すぎて、ついていけないようなところもあります。

20070819164142.jpg


主力はgooでやっていますが、あし@に登録してから、俄然アクセスが増えました。

あし@のみなさまのお陰です。



「プレスブログ」にgooで入っている関係で、 
その課題である「あし@の感想」 はgooで、昨日アップしましたので、そちらをご覧下さい。


20070819164402.jpg


兵庫県三木市に住んでいます。
神戸の隣まちですが,北は三田市と繋がっています。

三木も三田もいまは結構新しいところも多いのですが、こんなところも残っています。

それがまたいいと思っているのですが。


私のブログの写真を褒めてくださる方が多いのですが、写真はやりだして3ヶ月目です。
若し写真が綺麗と感じられたら、それは被写体のお陰です。

写真は、三木が殆どです。 三木は綺麗なまちだと自分でも思っています。

暑いですね

今年は7月に「涼しい夏だな」と思っていた。

丁度、孫も帰ってきていたし、結構外に連れ出して遊んだりしていたのだが、正直そんなに暑いとも思わなかった。


大体暑さのピークは7月末から8月のはじめだとばかり思っていた。

7月末には、毎年鈴鹿の8耐に1週間、鈴鹿で過ごすことが多くその時期が一番暑いものと思っていた。

今、考えてみるとエアコンのないサーキットにいたので、そう感じていたのかも知れない。


現役の最後の2年間を、札幌で過ごした。
その時に、やはり暑さのピークは7月末だと思った。

その頃の1週間だけ事務所でエアコンをつけたりしていた。
そんなこともあって、ピークは7月末と信じていたのに。

今年のこの暑さはどうなっているのだろうか。
確か、関西では8月11日頃から急に猛暑になったような気がする。

20070818191713.jpg

一番こたえているのは、犬たちである。
家には13歳になる、Tom&Loveという2匹の柴犬がいるのだが、ずっとエアコンの効いている家の中から出ようとしない。

午後には時間になると、うるさく散歩をねだっていたが、段々とその時間も夕方になり、今日当たりはどうも行きたがらないのである。

食欲ももう一つだし、大丈夫かなと思う。
特にTomは目を悪くしたしこのところ、足腰もふらふらである。

「早く涼しくなって欲しいものである。」
そう思っているのは、人間だけではなしに、間違いなく犬たちが一番そう思っているだろう。

この写真は、7月に撮ったものである。
に使っているのは、今年の正月の写真である。
「日本一美しいまちをめざす」と宣言しているまちがあるのをご存知ですか?

私の住んでいるまち、兵庫県三木市です。

そして今、三木市全体をふるさと公園と見立ててプロジェクトが進行中です。

「美しい」という言葉には、単に景観の美しさだけでなく、人が美しく生きていこうという想いも込められています。

今月、配られたパンフレットには、

あいさつ、声かけをしょう
三木のことをもっと知ろう
まちを花でいっぱいにしよう
三木の文化、伝統を継承しよう
ゴミなどのポイ捨てはやめよう
家族のつながり、地域のふれあいを高めよう

などが挙げられ具体的に説明されています。

三木は本当に綺麗な町です。
20070817204859.jpg


旧い伝統文化、新興住宅地、日本一の山田錦を栽培する農村地帯、これらが調和して、美しい三木を目指します。
20070817205158.jpg


もともと、自然には恵まれていますし、ゴルフ場は市内に25もあって、毎年幾つかのトーナメントも開催されます。
この写真は日本一のゴルフ場廣野ゴルフ倶楽部の正面入り口です。
20070817205423.jpg


世界一のE-デイフェンスのある防災公園には5面もの芝生のサッカー場があります。
s-P1010010.jpg


あし@の皆さんが、私のブログの「写真が綺麗」と褒めて頂いていますが、それは非常に嬉しいことです。
写真は三木の写真が殆どです。写真が綺麗なのではなくて、被写体になっている三木が綺麗なのです。

私のブログのコンセプトの一つに三木の紹介があります。

gooでは「みっきいふるさとふれあい公園」というカテゴリーを設けています
Yahooでは、毎日三木の写真を紹介しています。

exciteとFC2では機会を見つけて、三木の写真を使っています。

今後も、このコンセプトは続けますので、ご期待下さい。

74才のブログ

昨年の9月からブログをやり始めた。

54年間も日記を書いていることもあって、文章を書いたりすることは苦にならない。

大体、ブログをやっている方は若い方が圧倒的で、そんな方から見ると74才のおじんがブログを書いていることは不思議に思われるのだと思う。

カワサキでずっと二輪やジェットスキー関係の仕事ををしてきて、レースや遊びの世界を若い人たちとやってきた。
そんなこともあって、至って気は若い。
若い人たちと話をすることも好きだし、若い人、大好きである。

20070817075644.jpg


コメントを通じてのことが殆どであるが、若い方特に息子の年代の方とコメントで話をすることが出来るのは、自分自身が若返ったような気がする。

先日も、「8月15日終戦の日」の思い出を書いたら、いつもコメントを下さるdoppyさんからお父さんのことについてコメントを頂いた。
三木の呑吐ダムのことからコメントを頂いたカワサキマニアのkjさんかとは毎日のように会話が続いている。

この方も息子よりは少し、お若いと思う。

FC2のブログのみなさんはモット若い方が多いように思うが、
74才のおじんと思わずに、よろしくお付き合いをお願いしたいと思う。

FC2のほうもひょんなことで、はじめたが、もう3ヶ月になろうとしている。早いものである。

吉川にアイスクリームのおいしい牧場があるというので訪ねてみた。

北海道などで幾つか牧場に行ったことはあるがアイスクリームを食べるためにわざわざ出かけたのは、はじめてのことである。

場所がなかなか分からずに迷ったりしたが何とか行き着けた。

牛は放し飼いにされているのではなく、牛舎に繋がれていた。
何日ぐらい経っているのだろうか、可愛いい子牛もいた。
20070815185109.jpg



20070815185133.jpg

牛舎は小高い丘の上にあって、アイスクリーム工房はその向かい側にあった。
お盆休みとあって、子供連れや若い人たちで賑わっていた。

空気も見晴らしもよく気持ちがよかった。


20070815185223.jpg

20070815185257.jpg


肝心のアイスクリームはダブルで350円、人気があるだけあってなかなかのものだった。

20070815190439.jpg


アイスクリーム工房、BOSS&MOM 西山牧場はお店のパンフレットによれば、「神戸、三田からクルマで30分」とあった。

夏の時期は、子供さんなどを連れて行くと最高と思います。
孫がいる間に行けばよかったとちょっぴり残念です。
日本の生活には塀や囲いがあるのが普通である。

家にもみんな塀やフェンスで囲ってしまう。
何のために囲ったりするのだろうか?

と言いながら自分の家には門も囲いもある。

自分の陣地の主張なのか,外敵への備えなのか。
みんながやっているから、それに従ったまででどちらかと言うと開放的なほうが好きである。

アメリカの家には、塀や囲いはない道路に面して緑の空間があって、綺麗だし広々としている。
そもそも土地が広いから、自分の土地を囲って顕示するといった発想はないのだろう。

20070814184212.jpg


ここはアメリカか?と思うようなゴルフ場にであった。

真ん中を通っている道は、コミユニティバスも走る一般道である。
道の左右がゴルフのコースである。
右のほうにクラブハウスがあって、道の左は9番か18番のグリーンが直ぐ横にある。
20070814184841.jpg

20070814184934.jpg


お盆休みで沢山の人がプレーしていた。
ここはプレーしたことはないが、太平洋クラブ有馬コースである。


墓参り

お盆の墓参りに行った。

このような日本の風習も今後どのように推移するのであろうか。
墓というのはどこにあるのが一番いいのだろうか。
昔は本籍地に一族の墓があるのが普通であったろう。
20070814065553.jpg


確かに子どものころは20以上も先祖の墓があった。
文字も読めないような旧いものまであったのだが、段々と整理されていまは二つになった。

今、三木に住んでいて、明石に墓がある。
20キロぐらいだから直ぐ行ける。
然し,子供の代になったらどうなるだろうか。

私は明石で生まれ、明石で育った。
明石に墓があるのも当然だと思っている。

息子は三木で育った。明石とは関係がない。
今、会社の関係で鎌倉に住んでいる。
多分、三木には帰ってこない。

こんな家族が普通だろうと思う。

お寺は、松平家の菩提寺で由緒ある寺で、昔はそれこそ氏族でなければと言う時代があり、そのうち顔と高額な金で、そしていまは、誰にでも売り出し中である。
20070814065925.jpg


お寺の格式は言う人はいうが、世の中一般には、そんなことは余り関係がなくなってきた。

大体、葬儀のやり方も変ってきた。当然だと思う。
葬儀に来ている人で生前故人とお付き合いのあった人は少ない。
義理の参列者が多くを占める。

親戚だけでひっそりというほうが理にかなっている。

墓参りをしながら、そんなことを考えていた。

でも、墓地にはみんな花が供えてある。
何もしない墓は整理されてしまうのである。
どの墓もいずれはそのような運命を辿るのだろうか

新聞休刊日

今朝は新聞が休みである。
あればそんなにちゃんと読む訳でもないのに、ないとなんだか間が保てない。

昨日の新聞をもう一度読み直した。
毎日ブログを発信しているが、何とかネタ切れにもならず続いている。


新聞に負うところも多い。
当たり前の話ではあるが、新聞には話題がいっぱいあるものである。
昨日はこの新聞から平古場に話に触れたが、昨日の新聞を改めて見ての感想。

高速道3万5千の動物犠牲
キツネやタヌキもかわいそうだが、それを避けるための事故は危ない。先日、動物ではないが落下物を避けるのに危なかった。

北京五輪三つの不安
食の安全、大気汚染、交通渋滞 中の記事を読まなくても大体想像はつく。あと1年後、不安はどうなるのか。

ケータイが変える、変る
携帯を持っていないので何となくしか、理解できないが、
いまや筆記用具、リポートも小説も携帯で書く時代になった。
10のキーで上手くできているものである。

ガンバ、横浜M,浦和、神戸
J1が再開された。毎年強いチームが変る。実力伯仲である。
選手もどんどん新しい若手が育って名前を覚えるのが大変である。

猛暑一番、水の事故相次ぐ
やはり夏である。突如として暑くなった。
あちこちで水の事故。折角の楽しみが一転して悲しみに。
個人、個人が気をつけるしかないのだろう。


まだまだある。これがが新聞である。

平古場投手

夏の甲子園、真っ盛りである。

昨日は駒大苫小牧が9回に逆転されて、初戦で姿を消した。
今日は、地元報徳が青森山田と対戦する。

新聞は甲子園の野球のニュースでいっぱいだがそれ以外にも、
先日のフレッシュオールスターで兄弟でクリーンアップを打った中日の堂上剛が巨人戦でサヨナラ弾を打ったとか、ヤンキースの井川がパドレスに移籍かなどというニュースも並んでいる。


そんな中で、戦後はじめて開かれた第28回全国中等学校優勝野球大会で優勝した浪華商の優勝投手平古場昭二さんがなくなったというニュース。

名称も中等学校である。1946年、昭和21年まだ旧制中学の時代であった。
私は旧制中学1年生の一応は野球部員であったから、この浪商の優勝も平古場投手の1試合19三振の記録や決勝戦の京都二中を完封した試合のことなどよく覚えている。

戦後はじめての大会だった上にその勝ち方が素晴らしかったこともあって、野球の人気はこのことで突如日本国中に沸騰したといってもいい出来事であった。

夏の大会の歴史は古く幾つもの印象に残っている試合もあるが、私にとって最も強烈だったのはこの浪商の優勝である。


その後、慶大に進み、全鐘紡などでも活躍されたが、夏の大会の優勝が強烈すぎて、その後のことは余り印象にない。
当時の慶応には、私の高校の2年先輩の山本治投手も在籍されていて朝日スポーツ賞などをとられたりした活躍だったので、むしろそのほうが印象に残っている。

然し、「平古場」「ひらこば」を当時知らぬ人は居なかった。
このようなことを「一世を風靡した」と言うのであろう。

もう遠い昔の出来事になってしまった。
そして、今夏もまた新しい歴史が刻まれるのだろう。

孫たちの夏休み

お盆休みが始まった。

我が家では、孫たちの夏休みが終って、新しい季節が始まる。
今日、孫たちはアメリカに帰る。家内も一緒についてゆくので、今から独りの新しい生活がお盆と共に始まるのである。

孫たちにとって想い出に残るいい夏休みであったと思うが、どうだろう?

20070811065043.jpg

鎌倉からの孫も、ご自慢の犬、アンもやってきた。

20070811065232.jpg

近所の、お祭りにも行った。

20070811065406.jpg

グリーンピアのフットサルコートでサッカーもした。

20070811065324.jpg

神戸で、宮里藍やハンカチ王子も入ったDream Plusの体験もした。

20070805071319.jpg

カワサキワールドでオートバイやジェットスキーにも乗った。

20070811071959.jpg

川で魚もとったし、

20070811071902.jpg

ちょっとした冒険みたいなこともした。

20070811065106.jpg

何よりも喜んだのは、カブト虫が30匹も取れたこと。

20070811071930.jpg

昨日は、よかたん温泉に行って、夜はすき焼き。

20070811072043.jpg

そして、Tom&Loveとの記念写真。
13歳の犬たちと、10歳の真ん中の孫である。

Tomのほうは足腰も弱って、来年も一緒に夏休みが過ごせるか心配である。


孫たちの夏休みは無事終ったが、
今日の心配は、伊丹まで渋滞がどうなっているか、テレビでしきりに渋滞情報を流している。
つい2ヶ月ほど前から、ブログに写真を貼付することを覚えた。

普通の人には大したことではないのだろうが、どうすればいいのかさっぱり解らなかったものが出来るようになると嬉しいものである。

当然、その材料になる写真を撮るようになった。
今まで、写真はせっかちの自分の性格からは、どうしても好きになれなかった。

撮る、全て撮りきって現像、焼き増し、選択,写真帳整理、フィルム購入などなど、とてもやる気には成れなかったのである。


それが、デジカメが出て、パソコンがあって、自分の思い通りに幾らでも早く処理が出来る、費用は全然掛からない。
ブログにも利用できる。

写真に対する考え方が一変し、今、はまっている。

写真を撮るようになってから、モノの見方が変わったというか、注意してモノを見るようになった。

世の中の被写体に対する関心度合いが一変したのである。


その中の一つ、風景とか景色とかは、「見上げる」のと「見下ろす」のとどちらが綺麗なのだろう。
つまらぬことだが、今関心事である。

何となく、見下ろすほうが壮大でいいような気がしている。
展望台とかもそうだし、山頂からの日の出を見るために登山をしたりする。
20070810081151.jpg



やはり、見下ろすほうがいいと思っているのだが、写真で撮ってみて確かめて見たいと思ったりしている。

ホントにつまらぬ事だが、今、関心事である20070810081346.jpg


同じ山の頂上からの眺めと、下からその山を見上げた写真である。
頂上には神出神社もある神戸西区の雄岡山である。

どちらもいいようにも思う。

ボンズ、松井、王

バリーボンズがハンクアーロンの記録を抜いて756号のホームランを打った。

我々が野球をしていた頃は、
ホームランと言えばベーブルースで、この記録は破られなうものとばかり思っていた。

それが、ハンクアーロンが抜き、
さらに今回ボンズがさらにその記録を書き換えたのである。


継続は力である。「続けていればいつかは」と言うレベルではないのである。
普通の野球選手にとっては1本のオーバーフェンスも夢のまた夢みたいなものだと思う。

松井も大リーグ100号ホームランをつい最近記録した。
あの松井でも、大リーグに行ってからはホームランの数が減った。それだけ難しいのだと思う。

そこでの756本は、たとえ薬物疑惑があったにせよ立派である。

20070809070752.jpg


王貞治が確か800本以上だったと思って、新聞を見ると868ホーマーである。
まだ100本も多い。幾らリーグやレベルが違っても、改めてその偉大さに驚いた。

昨日、新人時代のボンズの映像を見たが、今のような如何にもホームラン打者というイメージとは程遠いスマートさである。
この時点で誰がいまの記録を予想されたであろうか。

王も新人で入団した当時は巨人のキャンプは明石球場だったのでよく知っているが、とてもホームラン打者になるとは思えなかった。

そんな選手が大記録を達成するのである。
天性の素質も勿論あるのだろうが、ご本人たちの努力の賜物だろう。


写真の子供たちの中からも、ひょっとして大スターが生まれるかも解らない。

世の中の流れ

世の中には、何事にも「流れが出来る」ものである。

一度出来たこの流れは、なかなか変らない。
いまは、自民党から民主党に流れが変ってしまった。
いままで、自民党を押していた人たちも、
民主党を積極的に推さないまでも、今の流れは黙認せざるを得ない世の流れのような気がする。

首相を辞めないのはいいのか悪いのかということを別にしても、
安倍さんの首相を辞めない理由に説得力がない。

自民党も難しいところだと思う。
仮に安倍さんが辞めても、この流れを変えるような人がいるのかいないのか。
ここ当分、世の流れの主流は民主党だろう。20070808074045.jpg


民主党は当然のことながら元気がいい。
当選した新人議員たちもよく見えるから不思議である。
逆に自民党の新人議員は、流れが読めなかった古臭い人のように見えたりする。

小沢、菅、鳩山のトロイカ体制に、新たに興石東氏が加わるという。知らなかったが民主党の参議院議員会長のようである。

一般に知られていなかったのか、苗字の読み方が難しいのか、
新聞には「こしいしあずま」とわざわざフリカナが振ってあった。
参議院議員会長がトップグループに加わるのも世の中の流れかも知れない。



自民党であれ民主党であれ、総理を誰にするか、トップをどう構成するかなど、政治家集団の中のことも大事だと思うが、

「真に国民に目線を置いた流れの政治」をお願いしたいものである。
8月に入って1週間が過ぎた。

朝から庭でせみの声が聞こえる。
8月、夏である。 今年の夏はどんな夏になるのだろうか?

このところ毎日、自民、民主の問題でマスコミは賑やかである。当分は続きそうである。

アメリカから遊びに来ている孫たちも来週には帰ってしまう。家内も送りがてら一緒にアメリカに行くので来週からは一人ぼっちの静かな生活が1ヶ月ほど続くことになる。

昨年も同じパターンであったがはじめての経験で物珍しく結構早く月日が流れたが、2年目の今年はどんな風になるのだろうか。


夏の甲子園も始まる。
昨年はハンカチ王子や田中投手と話題も多かったが、今年も新しいヒーローが出るであろうか。

余り暑くなって欲しくない。
いま一番の関心事は、13年目に入っているTomとLoveのうちTomがめっきり元気がなくなった。
目が悪くなったし、足腰がだめになってきた。よろよろすることもある。それでも散歩は行きたがる。
暑さには弱い犬たちにとって、夏は大敵である。

20070807082344.jpg

20070807082330.jpg


寝ている写真は、
今年の正月の写真で、孫の協力で始めてブログに写真を貼付した記念写真みたいなものである。
この頃はまだ元気であった。 犬は1年が人の4年に匹敵するというので、もう2年も経ったということか。

8月後半には、秋バラに備えて施肥も剪定もバラの手入れも控えている。

今年の夏はどんな夏になるのだろうか?
「プリン3個入りは何故?」との見出しで、いろんな食品が3個入りが多いことについて、分析している。

大したことでないようだが、モズクの食卓への普及を狙って3連モズクを発売したら、味は同じなのに売上が3倍になったという。
3連にしたのは、社長の「プリンやゼリー」みたいにしようという発案で、モノ真似がベースで特にマーケッテングの要素はないようだが、プリンなどを扱う食品メーカーはそれなりの発想があって面白い。

20070806072140.jpg


最初に売り出したという森永は「確かな理由は解らないが、子どもが2,3人の家庭が多かったからではないか」とはっきりしないが、発売開始は1975年ごろと相当に古い昔の話である。

グリコは「子ども2人とお母さんに食べてもらうことを想定して」とここではお父さんは視野に入っていない。

確かに、3連プリンの発売される75年頃は、「2人が38%で一番多い」のである。
40年たった今では、「0人が40%に増え」子ども「1人が29%」で一番多いという。
なのに、いまだにプリンのセット売りは3連が一番人気なのである。2連も4連もあるのに?


マーケッテングの面白いところで、何かアンケート調査でもすれば、それなりに答えらしきものも出るのだろうが、結局のところよく解らない。何故か3連が売れるのである。

こういう領域に必ず登場するのがその道の専門家で、「手に取り易い、3個で100円という値段、冷蔵庫に入れやすい、賞味期限との関係などなど、」確かに当たっているとは思うが、
消費者のほうから言えば、それが普通とか、無意識でいつもそうする習慣、など無意識のうちに身についている常識とか習慣が大きいのだと思う。


最初の例のモズクの社長のように「プリンのように3連にしよう。」が当たっているのかも知れない。

カワサキワールド

20070805071114.jpg


男の子ばかりの孫4人を連れて、カワサキワールドに行ってきた。

神戸港の昔から有名な4突堤の直ぐ横といういい立地にある。
写真の後ろに見えているタワーはテレビなどにもよく登場するので見覚えのある方が多いだろう。
昨年オープンしてから大人気で既に24万人の集客を記録している。




20070805071145.jpg

20070805071444.jpg

20070805071319.jpg

神戸海洋博物館と一緒にあって、船やヘリコプターや勿論オートバイも沢山展示されている。
土曜日ということもあり大勢の家族連れなどで賑わっていた。
20070805071613.jpg

20070805071650.jpg

外から眺めるだけではなしに、ヘリコプターの中や新幹線の運転席を体験できる。
写真はないが、セスナ機のシュミレーターによる操縦やジェットスキーの運転も出来たりして、孫たちは大満足であった。



20070805071400.jpg


私が関心のあったのは、
この春新発売のジェットスキーULTRA250Xである。
実物は想像以上に大きく迫力があった。
今、世界最速のジェットスキーである。
20070805071720.jpg

そして、カワサキのレースも単車事業再建のきっかけとなった青野ヶ原のモトクロスの写真とマシン。
マシンと言うよりは実用車に近いB-8M。
ライダーや関係者の人たちもみんな身近に居た人たちばかりで懐かしかった。


孫たちにとっても、私にもいい休日であった。

8月になった

FC2のブログも3ヶ月目に入った。

4つのブログを毎日アップし続けることも何とか大丈夫のようである。
一つ一つのコンセプトをどのようにするのか何となく輪郭も見えてきた。

gooはいまのところ本命である。
ヤフーは写真で住んでいる街、三木を紹介するのを中心に。
exciteは世の中の物事に対する感想や発想、考え方について。

そしてFC2は、一番新しいのだがいろいろと広範囲でと思っている。
いろんな機能もあるので、パソコンの勉強の教材にもと思っている。
写真の扱いも意外に簡単なので、今日から必ず何か1枚を載せたいと思っている。

写真の選び方、使い方は「武雄市長物語」で樋渡さんがやっているように、記事に関係ある場合もあるが、関係がなくてもきれいな写真を載せてみたい。

20070804064925.jpg


今日は8月になったし、夏空がきれいな名門廣野ゴルフ倶楽部INの3番?ロングホールのフェアウエイを望んだ風景である。

クリックすると大きくなるのだが、写真の使い方もいろいろ勉強していきたいと思っている。

そんなことで続けますので、よろしくお付き合い下さい。

台風襲来

台風5号は九州や四国で大雨を降らせたが、この地域には大した影響もなくいま、日本海を北上中である。

が、我が家には今夕新たな台風襲来に見舞われること確実である。

普段は年寄り3人の静かな生活だが、毎年この時期アメリカにいる娘と孫たちがあちらの長い夏休みを利用して里帰りする。

男の子ばかり3人で、今年は一番下が小学1年になったので幾らか手が掛からなくなったがその分食事が大変である。
この時期我が家のエンゲル係数は急激に跳ね上がる。

このハリケーンは既に丁度1ヶ月滞在している。長雨で地盤も緩んでいるときに、昨日鎌倉にいる息子の孫から、「サッカーの試合もすんで、スケジュールが空いたので遊びに行っていいですか?」と電話。

息子夫婦に自慢のお犬様も連れてのご一行様が今夕伊丹に到着する。

まさに、ハリケーン+台風である。
台風のほうは3日間ほどだが、どんなことになるのだろうか。


まあでも、世の中いろいろ言われているときに、先方から遊びに行ってもいいかと言ってくれるのは有難いことと思うべきか。

息子は、この秋北海道の川にさけ釣りに行くので一緒に行こうと誘ってくれている。

そんなこともあるので、この3日間サービスすることにしたい。
まず夕方、伊丹まで台風を迎えに行くことから始まる。

めだかの子

小さな庭だが池が二つもある。

魚が好きなのである。庭のほうの池には鯉を20匹ほど飼っている。
5年目ほどの鯉で、100年生きると言われているからまだ若鯉と言っていいだろう。

昔はもっといい鯉を沢山飼っていたのだが、札幌に2年単身赴任している間に死なせてしまった。
今のは新しく、普通の稚鯉から育てたものである。

20070802125329.jpg


今日の主題は、バレージの下に造った小さな池のほうである。
無理して造っているが、余り他に例のない自慢の池である。
睡蓮や花菖蒲も咲くし、せりも育っている。

20070802125551.jpg


ここには、鮒や泥鰌や田螺がいる。
金魚やめだかを入れても直ぐいなくなってしまうので,なぜかと不思議に思っていたが、先日久しぶりに池の水を抜いてみて解った。
犯人は二匹のブルーギルだった。入れた覚えはないのだがどこかで小魚を取ってきたときに一緒に入ってしまったのだと思う。

この夏、アメリカから夏休みに孫たちが帰ってくるので、この小さな池にめだかや金魚を飼いたいと思っていた。

丁度1ヶ月前、ブルーギルを田舎の池に逃がして、改めてめだかと金魚の小さいのを入れた。
元気に育っている。

今朝、めだかの赤ちゃんを沢山見つけた。
写真には勿論写らないが、結構沢山生まれている。
孫と一緒に大喜びである。

この写真、注意深く見ていただくとめだかと泥鰌も1匹だが写っている。
20匹ほどいる泥鰌も慣れていて、餌をやると浮き上がってくることもある。

昨日は川で孫と川えびと小魚を沢山取ってきて放してやった。
今回はブルーギルは入っていない。


20070802125437.jpg


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。