ここから-->

プロフィール

rfuruya4

Author:rfuruya4
ブログ、生活の一部になっています。
バイクの世界に永くいました。若い人好きです。
75才、年寄りですが、まだまだ夢もあります。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

あし@


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バラの季節

5月も終わりに近く、このあたりもようやくバラ満開直前である。

今年のバラのいくつか。

マイピクチャ 161s-

ピエールドロンサールとアンジェラ

マイピクチャ 154s-

マイピクチャ 166s-

マイピクチャ 162s- マイピクチャ 164s- マイピクチャ 148s- マイピクチャ 142s-

もうすぐ満開である。
今からは、朝 花柄摘みに忙しい。

今から半月ぐらいが最盛期である。






スポンサーサイト

BUG IN MIKI

明日はBUG IN MIKI である。

西日本最大のイベントとあって、例年大いに賑わうのだが、
今年はインフルエンザ騒ぎの影響で果たしてどんなことになるのだろうか?

インフルエンザは新型だから、いろんな影響が将来起こるかも解らない。
この分野の専門家は黙って一生懸命研究を進めるべきである。

この風邪の現実の症状は、一般のインフルエンザとなんら変わらない。
そんなことが解ってもう日が経つのに、行政や日本のマスコミの報道は馬鹿げている。
これで景気が更に悪化して、その影響が大変というのは、トップの判断ミスだと思う。
アメリカなど、日本に比較したら何もしていない、

どちらの対応が正しいのか?


そんなことの影響が、どう出るのか?
もう流石の日本も、イベントOKの方向のようである。
少なくとも、三木はOKである。

http://blog.goo.ne.jp/rfuruya1/e/365e77bddf700a0a83859bf773e55be0

鳩山民主党

今回の小沢辞任騒動で、次の民主党総裁は選挙の結果鳩山さんに決まった。

就任の記者会見を見ていたが、大人しいという意味で新しいリーダーであろう。
本当に大丈夫だろうかと思うが、言っていることは結構厳しいのである。

それが実現できるのなら、次の選挙に私は民主党に1票を投じようと思う。

曰く
無駄や、天下りを排して
官僚視線から、生活者視線へ
国中心から、地方中心に
オープンな形で、幹部官僚の評価は半年ごとに

政権一歩手前の状況から、現実の政権交代へ
そのために、挙党体制、岡田さんも、小沢さんもという。

結構なのだが、本当に出来るか?
仮に、鳩山さんが出来なくても、
民主党が一致団結して出来ればいいのである。

鳩山さん個人には、豪腕小沢のようなイメージもないし、ご本人はそんな力を発揮するような人物ではない。
組織をまとめる、戦略や実力が有るか無いかである。

それを、総選挙の時期までに、見極めたいと思っている。
日本ではドコモここも『インフルエンザ』で騒がしい。

これはメキシコで発生し、アメリカはメキシコの隣の国で行き来も多い。

今、娘一家はアーヴァインに住んでいる。
メキシコともそんなに遠くはない。
行こうと思えば日帰りで十分行けるところである。


「どうしているのかな」とは思っていたが、
私に似て何ごとにも大雑把な娘のことだから、心配などしているわけがないと思っていた。
こんなことで電話などする気にもならない、してみたところで何の足しにもならないのである。


今朝の民放の番組で、アメリカでは免疫をつけるために、感染者と一緒の『免疫パーティー』をやっているとか言っていた。
いかにもアメリカらしい大まかな発想である。
少々のことには驚かないのである。
それを乗り越えようという発想である。
私はそんなところが大好きである。


今朝、別の用事で、娘から電話があった。
当然のことだが、『インフルエンザどう?』と聞いてみた。
『何にもないよ。誰もそんなこと言わないし、マスクなどしてたら異様に思われる。』などと言っていた。
『日本は何であんなに騒ぐの?』と日本のニュースは知っていた。

丁度、旦那は今アメリカから、東京に出張で来ているそうだが、
アメリカから来たということで、まるで患者扱いで、会社の事務所には入れてもらえずに、もっぱらホテルで会議や打ち合わせをやっているらしいと、笑っていた。
アメリカのメキシコの直ぐそばのカルフォルニアでは、今のところそんな感じの対応のようである。


何事も個人個人が自分で守るアメリカと、何でもかんでもお上や周囲に頼る日本との対応の差が歴然で面白い。
私は、不謹慎と言われそうだが、アメリカの考え方に近い。

何事もなるようにしかならない。
対策も要るだろうが、こんなのやりかけるときりがないのである。

今年のプロ野球

昨年の日本シリーズ、西武ー巨人で大活躍の岸を見て、
WBCに選ばれるだろうか?とこんなブログをアップした。
その岸は、当然ながら候補には選ばれたのだが、最後には落選してしまった。

ところがである。
今年のプロ野球不思議なぐらい、WBC落選組が大活躍である。

岸などその筆頭なのである。
西武のピッチャーの中で抜群の成績である。
昨日などあるラジオで『最近は投げる人が少なくなったというカーブ』を投げるピッチャーと言うことで岸の名前が挙げられていた。
引き合いに出されていたのは、あの江川卓である。

選ばれなかったから発奮して好調なのではないだろうが、
選ばれなかったけど好調な人がもうひとりいる。
楽天の野村監督である。
予想に反して、今パシフィックのトップを走っている。
監督生活も今年が最後と言われているが、最後まで頑張ってほしいと思っている。



今年のプロ野球が始まったが、
どうもWBCに出場した選手達の調子がもう一つである。

イチローも開幕に間に合わなかったし、
松坂も、城島も岩田もオリックスの誰だったか若いエースも、
あまり試合には出なかったのだが、藤川までも休んでしまった。

プロ野球選手にとってみてあの春の時期は、ひとりひとりが自分に合わせて、自分なりの調整をする時期なのかも知れぬ。
あの時期殆ど試合にも出なかった金本は絶好調だし、
お声も掛からなかったが、選ばれなかった坂本はいいし、選ばれた亀井はもう一つである。

大体、勝ったり負けたりしながら100試合以上戦って順位を決めるプロ野球。
登板するピッチャーでチームの実力が変わってしまう野球と言うチームスポーツで、1戦も落とせないトーナメント方式が合っていないのかも知れない。

日の丸を背負って戦う、選手達のプレッシャーやストレスは大変なものだろう。

アメリカの大リーグの当事者達がやきもきするのも、解らぬではない。
彼らはWBCに勝つために選手に高い高い契約金を払っているわけではない。
そんな選手が故障しても、誰もその補償はしてくれないのである。


プロ野球が開幕して1ヶ月、
開幕には間に合わなかったが、いつになく4月が好成績だったイチローはまずまずだが、
WBCのMVP松坂が早く本来の投球を見せて欲しいものである。

日本国民はみんな大喜びであったWBCだが、問題があるのも事実である。

日本の歴史と地理

『日本の歴史と地理が面白いほどわかる』と言う本を今読んでいる。

ちゃんと覚えるかどうかは別として、結構面白い。
あまり歴史の勉強はしたことがなかったのだが、こんなブログをアップした。


今地理の途中まで読んでいる。

子供の頃は、日本の天皇制は万世一系で神武天皇から始まったのだと覚えていたのだが、
神武天皇は実在したかどうかも解らぬという。

神代の神話の時代や縄文の時代はちゃんとした資料もないので、諸説がいっぱいあってそれは歴史ではなく伝説の時代であったというのである。

それでも1万年前の縄文時代に日本には約2万人が住んでいたと推定されると書いている。
そんなことをどのように推定するのかと思ってしまう。


この年まで生きてきても知らないことは多いものである。
みんな本の受け売りだが、こんな風にでもブログに書けば幾らかでも記憶に残るかと思って書いている。

よく日本は小さな国だというが、そんなことはない世界に190ほどある国の中で60番目だから、まずまずの大きさである。
人口は世界10位だから、相当に多いほうである。

今、人口減少が言われているが、明治以降急激に増えすぎたのだと思う。
戦前ほどの朝鮮も満州も台湾もといった国土の広さでもあればいいのだが、いまの広さでは少々人口過多ではないかと思ったりする。

そういえば、明治のスタートの頃、一番人口の多かったのは新潟県の166万人でついで兵庫、愛知であったとか、東京が一番ではなかったのである。


昔は富士山より阿蘇山のほうが高かったとか。
こんな話が際限なく続いている。

結構面白く読んでいる。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。