ここから-->

プロフィール

rfuruya4

Author:rfuruya4
ブログ、生活の一部になっています。
バイクの世界に永くいました。若い人好きです。
75才、年寄りですが、まだまだ夢もあります。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

あし@


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログの中に『潮流発電』というカテゴリーを作ったのは、
ノヴァエネルギーの鈴木清美さんに初めて会った6月はじめの頃である。

このブログは、6回目の記事になる。
その間、たった4ヶ月だが、本当に追い風も吹いて順調に来ている。
NHKが特集番組でとり上げたりはしたが、最近は新聞はあまり動いていない。
その間、どんどんと水面下で進んだ。
ひょっとしたら、ほんとに動き出すかも知れないのである。

NHKが3度もテレビで取上げて、そのコンセプトはどう考えても、太陽光発電や風力発電よりも、ひょっとすると建設の反対が相次ぐ原子力発電よりも、いいのではないかと、私など素人はそう思ってしまう。


○海流は24時間、潮流でも潮の流れが変わる一瞬だけが止まるだけである。
夜はダメの太陽光発電、風が吹かねばねばダメの風力発電、近くに建設はイヤだという原子力発電、などに比べて自然エネルギーとしては無限で、日本の高い土地が関係ないのがいい。

○みんなが知らないだけで、開発は既に完了している状況である。それも大学の先生や、韓国では国や大学が既に予算を取って進めている。中国も関心を示し、台湾も具体的に進むかも知れない。その辺の様子をNHKは2年も前から取材し、20分もの特別番組で3度も流している。

○日本が関心を示さないのは、自民党政権時に国が『原子力発電とその方向』を決めてしまっているからである。電力会社も、国の担当省庁も、『いまさらややこしいものを持ち出すな』という態度がありありなのである。

○理屈から言えば、原子力発電の1基分に当たる発電量が、半分の費用で産み出すことが出来る計算になる。
黒潮が流れる海域にセットすれば、面積は大きいようでも、海の面積から言えばほんの僅かである。どこに作ってもそんなに反対運動など起こったりはしないのである。

○それなのに、どれくらい関心ないかは、『潮流発電』『海流発電』で検索してご覧になったらすぐ解る。そこに出ているのは旧聞に属することばかりである。
1,2ページにたった5回しか書いていない私のブログが現われたりするのである。多分このブログも直ぐ1ページ目に出てくるだろう。

○『25%宣言』すくむ産業界など、今朝の朝日は1面トップだが、家計負担の増大などと言っているが、『潮流、海流発電』を本格的に稼動させたら、四面が海のわが国は、幾らでも安い電気が産み出せると思うのは、『素人の錯覚』であろうか?



私は全く技術的には素人だが、
ノヴァエネルギーが私どものNPO The Good Times の団体会員に参加されたので、応援をしているのである。
4ヶ月、いろいろお付き合いをしてみて、技術的には大丈夫だと思った。
NIROだとか、いろんな技術屋さんの純技術的な質問に明快に応える鈴木さんを見ていて、大丈夫と判断しているのである。




昨日は、民主党の国会議員の高橋昭一さんを交えて約1時間半話をした。
高橋さんは、今回初当選の新人議員さんだが、ずっと以前から鈴木さんの応援者である。
政権が変わって、『25%宣言』も出たし、環境省も国交省も担当大臣や副大臣はみんな若い。
高橋さんも、ちょうど私の息子の年代だが、担当各省の前原さんなども同年次なのである。

昨今、話題になっている『鉄人28号』作った北海鉄工所は、この製作を担当してくれる話も出ているのである。
一番の難問だった資金もある商社が具体的に動き出した。

私が微力ながら応援したいと思っているのは、
鈴木さんのこの事業に斯ける理念が、エネルギー資源のない『日本のため一筋』で、『金儲けではない』事が明確に読み取れるからである。

タテ型利権社会の自民党では難しかったかも知れぬが、
環境問題に重きをおき、25%宣言もした民主党なら、
『潮流、海流発電』をのけ者にせずにちゃんと見直してくれる可能性がある。

明日から、鈴木さんは台湾に李登輝前総統を訪ねることになっている。
具体的な台湾への商談である。ひょっとして、うまく行けば、現実にどこで作るかの問題になるのである。
韓国がそうであるように、日本よりもほかの国のほうが話は進んでいるのである。

日本でも、ようやく下関市や淡路島でやっと具体的な話になり始めた。
ベンチャー企業で開発それ自体はもう完成の域に達しているのに、会社の体をなしてはいない面もある。

NPO The Good Timesも乗りかかった船だから、出来る限りの応援をしたいと思っている。

たまたま、9月末でカワサキを退職した、NPOの副理事長のタッチャンが、
この会社の総務企画をボランテイァで当分援けてくれることになっている。
仲間の2人が小額ながら出資で応援したし、広報なども手伝ってくれることになっている。
高橋さんとは、こんな雑談も。NPOにまた『いい仲間』が増えた

ノヴァエネルギーの公式応援団もどんどん増えていく。
どんどんその輪が広がることを期待したい。
NPO The Good Times の公式応援プロジェクトに格上げして、本格的に動いてみようかとも思っている。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ最後までお読み頂いて有難うございました。
お手数ですが、ちょっとクリックして頂けますか?



スポンサーサイト
民主党政権になって、テレビが面白い。

いろんな番組があるが、昨今は政治話題の番組に一番興味関心を感じている。
その理由はいろいろあるのだが。

○まず第1に、政治のやり方が基本的に変わったこと。これが新鮮である。
それが、いいとか悪いとかの個別問題ではなくて、とにかく新鮮に映るのである。

○どんな点が新鮮か?まず政治の主役の人たちの印象が、旧い自民党の大物たちと、差別化できている。語られる言葉が普通の言葉に近くなった。それだけでも末端に一歩近づいたのは間違いない。

○自民党の谷垣さんの『みんなで』を実践しているのは、民主党のほうではないか。 
補正予算の削減でもそうだし、大臣は当然だが、副大臣以下が結構表に立って機能している。野党の時に勉強していたのか、ちゃんと解って発言している。
(最近あちこちに登場する大塚さんや古川さん、今サンデープロジェクトに登場している細野さんなども、みんなよく勉強しているし、人の意見を聞こうとする素直な態度がいい。
亀井さんのやり方は、中身がどうかは別にして、昔流であるように思えてならない。)

ざっと、こんな感じである。
私自身は、テレビが取上げる、八ツ場ダム、モラトリアム、高速道路の無料化、天下り問題などの個別問題などは、感想はあるが意見を述べるほどには解っていない。こんな分野は評論家や専門家の分野である。

今も、サンデープロジェクトで、『天下り問題』をやっているが、具体的な話は時間に限りのあるテレビの番組の中では、いろんな問題が複雑に絡み合っていて具体的な解決など出来ないのである。


ただ、民主党に期待をしたいのは、
従来の『仕事のやり方』を変えることである。

○官僚から、政治家主導への体制とか、

○タテ型利権社会からヨコ型絆社会へとか、

○『政治構造』そのものの改革とか、

長年のシステム、仕組みを変えていけばいいと思う。
構造日本などの元官僚が民間での実績を引っさげて事務局長で、『業務仕分け』などをやろうとしているが、そんな新しいチャレンジが面白いと思っている。


『発想の転換』そういう方向性、流れが『変わらない』ことを期待したい。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ最後までお読み頂いて有難うございました。
お手数ですが、ちょっとクリックして頂けますか?




今年最後のZ1会のゴルフの案内が届いた。
開催案内は勿論、結果報告も写真などもみんなメールで送られてくる。
カワサキの二輪部門関係のOB60人ぐらいが集まりだが、最年長者はもう80歳に近く、平均年齢は多分65歳くらいではないだろうか。

私が属しているOB会で、今でも葉書や郵便で来るのが、高校と大学の野球部のOB会の諸通知である。
高校のほうは、会員は500名を越す大所帯で、年間の郵便代が結構大きいのである。それでいて、OB総会などで集まる人数はごく僅かなのである。

『郵便など止めてみんなメールにすればいい』と思うが、パソコンが使えない大先輩の数人に遠慮して、郵送のメール化が出来ないのである。

川重のOB会の相信会は、メールと郵送の併用である。



なぜ、こんなことをと思ったかと言うと、
行政の情報発信や、情報伝達も郵送がほとんどで、
確かにホームページなどはあるのだが、個々の連絡には郵送である。

そんな地方行政の中で、
昨日の武雄市長物語は、都市ランキングのことなのだが
そのランキングの評価基準に『情報』が大きなウエイトを占めているのである。

そのブログの中で、樋渡さんは
『僕は情報政策はかなり重要視しています。youTubeも積極的に取り入れたり、武雄ブログだったりするわけですが、まだまだです。ぜひ、こういう市民サービスがオンラインでできないかなどご意見をいただければと思います。情報政策が行きとどくことによって、生活そのものが便利にまた楽しくなるようにしたいですね。』
と言われている。

『市民サービスがオンラインで』というのは具体的にはよく解らないのだが、
自治会の回覧板なども、もういい加減にメールにしてしまったらと思ったりする。
回覧板が出来るまでに、どのくらいの人件費が掛かっているのだろうか?
個人に渡るまでに何段階なのか?
時間的にはどうか?
その情報が必要な人はどれくらいいたのか?
多分そのとき言われるのが、前述のOB会と同じように、パソコンがないとか、使えない人への配慮なのだと思う。


話は変わるが、今、家内がアメリカの娘のところに遊びに行っている。
アメリカに行くには、事前にパソコンによる申請が、MUSTである。 
家内はパソコンは出来ないので、私が代わりに申請した。
旅行代理店でも、誰に頼んでもいいのだろうが、
とにかく『申請はパソコンからだけ』例外は認めないのである。
如何にもアメリカらしい発想である。

日本の『エコポイント』などの申請などはこういう制度を取り入れるチャンスだったと思う。
『パソコン申請のみ』にして、本人が仮にダメでも、代理で誰でも、販売店でもやれるのである。
それを手書き郵送と二重システムにするものだから、こんなことが起こるのである。

つい先日書類が送られてきた。『署名、捺印が抜けている』というのである。
パソコンで申請したのだから当然で、如何にも日本的で、馬鹿げていると思う。
100%オンライン申請にすれば、手間も金も意識も変わるのにと思うのである。
『そんな絶好のチャンス』を旧態依然とした発想で逃がしてしまっている。

アメリカとの『発想の差』をつい感じてしまうのである。
パソコンの普及率など、行政は果たして管轄内のデーターを持っているのだろうか。
最近は、私のような年寄りでも、郵便物による『情報伝達』は手間が掛かって面倒だと思うようになっているのである。


武雄など、ぜひ全国に先駆けて、どんどん新しいことを、おやりになればいい。
100%実施を目指して、『例外措置』を考えればいいのである。
ネット社会は世の中の趨勢である。
現状は、『例外的な人』のために、沢山の税金が無駄に使われている。



同じ事を取上げているのだが、『仕事のやり方』についてである。
仕事のやり方が変われば、効率化も図れるし、お金も節約できて、自然に『意識改革』も出来ると思うのである。

7月にスタートしたNPO法人The Good Times は、法人だが事務所もないようなものである。電話もない。
年間の経常経費は6万円ぐらいで大丈夫である。
これでも、十分何とかなる、昔は絶対に出来なかった、ネット社会のそんないい時代に生きているのである。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ最後までお読み頂いて有難うございました。
お手数ですが、ちょっとクリックして頂けますか?







昨日の武雄の樋渡さんのブログは、
年齢は数にすぎない』 と題していろいろと書いておられる。

その本旨は、テニスの伊達公子の記者会見で、
39歳の誕生日について、「年齢は数にすぎない。」という趣旨のことを話したことに発している。

歳に関係なく、頑張る人は頑張っていると、
私も例の一つに挙げていただいて、まことに嬉しい限りである。

確かに、仕事や、何かをやり遂げたりするのに、あまり年齢は関係ないように思う。『年齢は単なる数にすぎない』というのは、40才前後の方には、特にいえるのではないかと思う。
年寄りの私などは、むしろ若い人に向かって、年齢など関係ないと大きな声で言いたいと思っている。

今回の自民党の再生なども、年齢などに関係なくと思うのだが、相対的に老害が出ているので、一般論としてしがらみの少ない、若い人をと思ったが、今回の人事はこれは年齢に大いに関係にある、期待の持てないものになった・



全然違った観点から、最近『年齢が高いのは大いに利点である』と実感しているのである。
76歳にもなると、外で出会う人は、ほとんどが年下ばかりである。

戦前、教育勅語で育った年代で、目上の人を敬う事はきつく教育された。
戦後も中学から大学まで運動部生活で、1年違っても先輩は先輩、絶対服従の生活が身に沁み込んでいて、
歳の上の人には、その職位などに関係なく、何となく服従だし、背筋を伸ばして話を聞く態度になってしまうである。

河野太郎のようなことは、仮に思っていても、とても口には出せないのである。
現役の頃、名刺交換した相手のエライ人が年上であった場合は、肩書き以上に偉く感じたりしたのである。
当時は、マキノ町長さんにも、直入町長さんにもお世話になったが、みんなエライ人だった。


最近は、その反動である。
どんなエライ人でも大概が年下である。
肩書きが大層でもそんなにエライと思わなくなってしまっている。
昔の市長さんは、そういう意味でめちゃエライ人だたのだが、最近出会う市長さんは、3,40代のことも多いので,気が張ることなど皆無なのである。  


つい先日も、衆議院員に初当選の昔なら『先生』様に出会ったが、息子より一つ下と聞くと、ほんとに気軽に話が出来るのである。

この辺りは、『年齢は数にすぎない』のではなくて、私にとって重要な要素なのである。
以前、『肥後の守』の永尾元祐さんに会ったとき、年がどうかな?と思っていたのだが、私が数ヶ月年上でほっとしたことを思い出す。
今、身の回りでは、thiraiさんが同い年だが、私がこれも数ヶ月上のはずである。

そんな風に、年は数に過ぎないのだが、結構気にして生きているのである。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ最後までお読み頂いて有難うございました。
お手数ですが、ちょっとクリックして頂けますか?





Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。