ここから-->

プロフィール

rfuruya4

Author:rfuruya4
ブログ、生活の一部になっています。
バイクの世界に永くいました。若い人好きです。
75才、年寄りですが、まだまだ夢もあります。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

あし@


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落合監督

53年ぶりに中日が悲願の日本一になった。

昭和29年、まだ日本にテレビが1万台しかなかった頃、天知監督、杉下投手の時代と言われたら、かすかではあるが思い出す。
西鉄を破っての優勝で、喫茶店のテレビで見ていたと思う。
大学の頃である。


落合監督はまだ11ヶ月の赤ちゃんであったとか、
その落合監督率いる中日が1-0で日ハムをやっぶっての優勝である。

山井とダルビッシュの投手戦で、8回まで山井は完全試合であった。
9回も当然山井が投げるものとみんな思っていたに違いない。
日本一を賭ける大事な試合であることは解っている。然し完全試合に後たった1イニングである。
山井の続投は当然だと思った。


ところが、9回、落合監督は岩瀬を当然のようにマウンドに送ったのである。
岩瀬は大変であったと思う。
それを3人で乗り切った。2人のリレーで成し遂げた完全試合は多分球史ではじめてのことだろう。

今、思うと、落合監督の判断は流石だと思う。
長いリーグを闘ってきて、方程式のように崩さなかった岩瀬のセーブに最後の試合も賭けた。

正しい判断であったと思うし、なかなか出来ぬことを落合監督はやったと思う。


中日、優勝おめでとう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rfuruya4.blog110.fc2.com/tb.php/158-1e05ce28


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。