ここから-->

プロフィール

rfuruya4

Author:rfuruya4
ブログ、生活の一部になっています。
バイクの世界に永くいました。若い人好きです。
75才、年寄りですが、まだまだ夢もあります。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

あし@


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の道路

道路財源の話が今、政治の注目課題である。

日本の道路に政治生命をかけたような田中角栄が、この問題に取り組んだ頃の日本55年前と言うから昭和28年、私はまだ学生だった。
暫定税率と言うのが決まったのは1974年、田中総理の時とある。

その頃までの、日本の道路は確かにダメだった。
高校生の頃、明石から小野まで野球の試合でバスで行った。
でこぼこ道を立ったままバスに揺られて、降りたら足ががくがくして、体が揺れているように感じたのをよく覚えている。

それから15年ほどたった昭和41年から45年頃(1970年頃)、仙台を拠点に東北6県をクルマで走りまわっていた。
幹線道路は舗装されていたが、地方や峠は全て未舗装の砂利道であった。
直線道路など冬の雪道のほうが走りやすいと本当にそう思ったこともある。

イギリスの舗装率が98%と聞いて、そんな国も世界にはあるのかと思ったりした。
それほど、日本の道路は遅れていた。
個人で車を持ち出したのもこの頃であり、大阪万博が確か1970年である。


道路をという要求は、日本全国共通の課題であったと思う。
この法律は、そういう意味で機能した。


それから40年近く経って、日本の道路は様変わりしている。
中には不要不急の道路も政治家や建設業者のために作られたりしたのもあるだろう。

今でもまだ、和歌山など道路が欲しいと切実に思う地域があるのは理解できる。
でも、日本国中一律にというのは、ちょっとと思う。


よく解らぬが、その辺が柔軟に解決できる方法はないのだろうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rfuruya4.blog110.fc2.com/tb.php/250-18f170ab


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。