ここから-->

プロフィール

rfuruya4

Author:rfuruya4
ブログ、生活の一部になっています。
バイクの世界に永くいました。若い人好きです。
75才、年寄りですが、まだまだ夢もあります。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

あし@


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
行政が国民のほうに向いていなかったということで、福田総理は消費者行政一元化を目標その推進会議を立ち上げた。

明治以来、生産者、供給者に重点的に向けられていた視点を、消費者、国民に向けようと言うのである。
基本的に大賛成である。

これまでの旧態以前とした日本の組織や、生産や供給を支える団体組織、そこと癒着する政治家、そのために都合のいいタテ型組織とタテ型発想。
これらを根底から覆すような改革が出来ればいいのだが。

然し、考えてみれば、生産者も供給者も消費者も、ある意味一般国民なのである。


違った観点で言えば、どこかの大学に偏重した、霞が関の高級官僚と一般国民がいて、
明治以来の政策は、みんなこれらエリート官僚によって造られてきた。
それなりの貢献、効果、実績があったことは認めるが、生産者の供給者のと言うより各省庁の権限や組織を守ることに、熱心であったように思う。

今回の話でも既に以前からあった、消費者優先の視点が実現しないのは、霞ヶ関の厚い壁があったからだとも言われている。

福田さんも、今回の決意は固そうだが、果たして官僚の抵抗を打ち破れるであろうか?
基本的に官僚は何年も同じで、総理は至極短年度というシステムが邪魔している。
ぐずぐずしてさえいれば、トップはまた違った課題を出すのである。

官僚の粘り勝ちをなくす方法はないものか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rfuruya4.blog110.fc2.com/tb.php/259-aa020d67


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。