ここから-->

プロフィール

rfuruya4

Author:rfuruya4
ブログ、生活の一部になっています。
バイクの世界に永くいました。若い人好きです。
75才、年寄りですが、まだまだ夢もあります。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

あし@


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二輪車の駐車違反

東京では二輪車が売れません、と言うような話は何となく聞いていた。

もう現場を離れて何年も経っているのでよく解らなかったが、今年になってベタータイムスをまた送ってくれるようになったのでよく解った。

二輪の駐車場問題なのである。
話は無茶苦茶なのだが、4輪などと違って、二輪では一般世論にはなり難いのである。


話はこんなことのようである。
平成18年に、40年も放置していた自動二輪駐車場法が改正された。
それはそれでいいのだが、都市の二輪の駐車場など整備されているところは、一部例外を除いてない。

東京について言えば、保有台数は原付60万台、自動二輪55万台に対し,駐車場は原付28000台分、自動二輪に到っては4000台分しかないというのである。

こんな状況なので、警察庁は
「二輪車駐車違反取締りは、消火栓の上に駐車しているなど悪質なものを重点に行い、駐車場不足なので一定の配慮が必要と通達している。」という。
そこまでは、非常に適切な配慮なのだが。

ところが、現実はこうなっていないようである。
警察官が取り締まる場合は、こんな通達もよく通るのだと思うが、取締りを民に移管しているので、お構いなしに取り締まってしまうというのである。

3月号のこの冊子を見ると、あちこちに駐車場問題が出ているので、二輪業界としては、大変なのだろう。


自動車工業会の会長も務められ、今も二普協の会長をされてい宗国さんは、
「地球規模での環境問題とエネルギー問題がクローズアップされている今日、二輪車の省エネ、省スペース、省資源と言うメリットが見直されるべき」と言っておられるが、その通りである。

然し、現実はこんなにちぐはぐな対応で、東京では二輪離れが起こっているようだ。
消費者や末端の目線で、消費者行政を一元化すると言っておられる、福田さんが、一言と言えば、対応の方向は変わるのだと思うが。

自動車税には関心があっても、弱者の二輪までは、目が届かないだろう。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rfuruya4.blog110.fc2.com/tb.php/261-4258d483


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。