ここから-->

プロフィール

rfuruya4

Author:rfuruya4
ブログ、生活の一部になっています。
バイクの世界に永くいました。若い人好きです。
75才、年寄りですが、まだまだ夢もあります。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

あし@


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いろんな人たちに会えた。
出席されたほとんどの方と会話できた。
永くお世話になったので、ほとんどの方と何かで面識があったり、繋がっているのである。

この会の会長は『いっさん』副会長は『海老ちゃん』
二人とも40年前仙台に事務所を新設した時の仲間である。あの頃はまだ、いっさんも独身だった。宇田川君も一緒だった。
この人たちの人柄でこの会の雰囲気がいいものになっている。
いっさんとは久しぶり、海老ちゃんとは昨年春、服部カワサキの30周年記念以来である。

いっさんは、カワサキの二輪車の原点、メイハツ工業の出身である。
もう50年以上も前、東京金町にあった会社である。
その後神田岩本町に事務所が移ったが、丁度その頃から私は単車営業になって、メイハツ、メグロ出身の方たちとのお付き合いが始まった。

カワサキの人で『神田岩本町』の解る人は少ない。
当時の川崎航空機の人は数人以外は関係なかったのである。だけど私にとっては単車駆け出しの一番懐かしい時代である。
国内営業だけでまだ輸出はなかった頃である。国内市場が単車事業の全てであった。
その販売は全てメイハツ、メグロの人たちに『おんぶに抱っこ』だったのである。

その当時のいっさんの上司の方や同僚のかってのお嬢さん方も出席されていた。
あのフィリッピンの小野田中尉の弟さんの小野田滋郎さんのこと、下原さんのこと、宇田川君や奥さんのこと、もっと上の怖かったがいい人であった宮川弘さんの、そんな話が通じる昔の仲間であり先輩方である。殆ど80歳を過ぎて、最高齢は86歳の小堀さんだった。
私の東北の前任者小森さんとは40年ぶりだった。

カワサキの安全運転の歴史を造った、業界でもこの道では全メーカーが一目も二目も置いた秋元さんや岩部さん、藤沢さん、古賀ちゃんも久しぶりだった。
秋元さんはメグロ、岩部さんは警察のご出身ではなかったか。

杉沼浩さん。トーハツの出身である。
カワサキのアメリカ市場の開拓者だといわれている、あの浜脇さんや種さんの先生格でカワサキのアメリカ市場の開拓に尽くされたということはあまり知られていない。
英語ぺらぺらである。晩年、大庭さんの海外出張にはずっと帯同された。
その後MFJの常務理事などレースの世界でも私はご一緒さして頂いた。

川重本社の企画からKMCの再建で田崎さんとのコンビを組まれた高田さん。  何故かレースや販売の世界が好きで、その後東京の販社などへ自ら望んで参加された。
ずっと後、私と札幌でもご縁のあった高田さんとも札幌以来であった。

珍しいところでは、高崎のカワサキ販売店の城田さん,
特約店制の実施の頃お店を訪問した。息子さんとはSNSひょこむで繋がっているトモダチである。不思議なご縁である。
今回から、この会設立の趣旨にそって大勢のカワサキ販売店が出席した。
関君や藤木君はご夫婦で、ご夫婦ともカワサキOBである。

今回私が久しぶりに出席を思い立ったのは、こんな販売店のOBたちが出席することが一番の理由だったのである。
沢山の人たちに会えてよかった。
関君(tarou)が音頭をとって沢山の販売店が出席した二次会も、三次会にも出席した。

そこにはまだOBではないがOB寸前の宮本君や、柏原、武田といった懐かしい顔がいっぱいあって賑やかであった。
私は7時に失礼したが、後どうなったであろうか?

総会には現KMJの河野社長以下、東京に異動した小岩井支店長なども出席であった。
今忍者250が品不足で、出席の販売店から苦情が出ないか、心配もされた様子だったが、そんなことは嬉しい心配である。
いい雰囲気で、そんな文句など微塵も出なかったように思う。

ずっとこの会の世話をしてきたという国松君は今回仙台に転勤だとか、私のはじめての営業を経験したところである。
『いいところだよ』とホントにそう思うが、はじめて行く人には遠い北の国のようにも思うのかもしれない。

転勤であちこちに行く、そして販売店を廻るのでいろんな人との出会いがある。
『それが財産だ』と二次会から参加した柏原君がその席で言っていた。
彼は今、二輪を離れて別の営業だが、他の川重の人たちが持っていないそんな経験が大いに役立って評価されているようである。


カワサキ独特のいい会合であったと思う。
こんなことが出来るカワサキの雰囲気は何時までも大事にしたいと思う。

帰宅したら直ぐ事務局からお礼のメールとスナップ写真が送られて来た。
河野社長とご機嫌で写っている2ショットもあった。
いい1日であった。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rfuruya4.blog110.fc2.com/tb.php/371-1db332ee


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。