ここから-->

プロフィール

rfuruya4

Author:rfuruya4
ブログ、生活の一部になっています。
バイクの世界に永くいました。若い人好きです。
75才、年寄りですが、まだまだ夢もあります。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

あし@


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今朝も大分県の教員採用汚職がトップ記事である。
確かに問題ではある。
こんなことがあってはならないと思う。

然し、一方でこんなことは世間の常識として、権力者や職位のある人の特権として許されていたような気もする。
日本はそんな社会であった。
議員と言うのは、個人や地元の願いの 『口利き役』 だと言うことで容認されていたようにも思う。
いい医者に手術を頼むときには礼金が要る、不思議だが常識のように言われてきた。


私自身を振り返ってみても、私自身が頼んだわけではないが、学校に入るとき伯父が議員に頼んだようである。
学校は自分では、頼んだから入学できたとは思っていない。自分で入れたと思っている。

川崎航空機にも当時の副社長のコネでの入社である。
特に就職難の時代であったから、助かった。
これは間違いなくコネのお陰で入社できたと思っている。
そんなことで、会社では紹介者に恥をかかさぬようにと、ずっと最後までそんなことを思って仕事をしていきた。
少なくとも、会社に迷惑などかけてはいないと思っている。


今回の事件でも、確かに頼んだ人、頼まれた人はいる。
その人たちの責任を問われるのは、今の時代仕方がないのかも知れない。
然しその結果教員になれた人が、何年も教員を現実にやっているのに、その責任を問われて止めねばならぬと言うのは、なんとなく納得できないのである。
その人が頼んだわけでもないだろう。

今出ている事件は氷山の一角である。いつの時代まで遡ればればいいのか?


こんな社会だったのである。それをある程度許してきた社会の風潮があった。
個人の問題よりはそれが問題なのだと思う。
それを改めるのに異存はないが、巻き添えを食った個人にまで行くのはどうかと思うのである。

昨日だったか、長銀の経営者が最高裁で無罪になった。
当時の大蔵省のお上には何の問題もなく、お上の指示でもないが、指示のようなものにしたがって事を処理した個人が罪になるのはおかしいという判定の無罪である。
これもお上と企業の関係の、表にはあまり出ないなんともいえない風潮や慣習である。


世の中はどんどん変わる。
今の議員さんは、こんな頼まれごとはしないのだろうか?
そんな頼まれごとも処理できないような議員さんはたいしたものではないとは言われない時代かも知れない。
この近くのいろんな施設も大物であった『あの人のお陰だ』とはよく聞く話である。
これは決して悪い話ではないのだが、地元や人の頼まれごとも、あるいは希望も一切聞けないというのも、なんとなく味気ないなと思ったりする。


三木市役所などでは、一切こんなことはないのだろうか?
どうですかと聞いたらどんな答えが返ってくるのだろうか?



スポンサーサイト

コメント

おはようございます。

例えば、裁判所の中で、検察官と弁護士がちゃんとやりあった結果として、まともな法的根拠に基づいて裁判官が判決を言い渡したなら、本人達が責を負う可能性は低いと思います。法的根拠と、その時点での慣習というものを、慎重に議論するからでしょう。

裁判所の外では、「どの法に反しているか?(法的根拠)」や、「その時点での」とか「彼ら自身の選択余地」という視点が希薄で、さらに、昨今のマスコミ報道ともなると、それらを作為的に無視する事によって、扇情的に断罪する傾向がありますので、違った判断が出るのでしょう。これ、裁判員制度の問題にも通づるところがありますよ。

親と口利き役は「贈収賄」の当事者たる要件を間違いなく満たしていますが、本人の責を問うためには不十分だと考えられます。「民法上の不当利得の返還請求」で、「職業」の返還を求められるのでしょうかね。案外、本人にいかなる処分を言い渡したとしても、逆に処分無効を求める訴訟を提起されたら、法的には覆ってしまうと思います。

私の住む市は、いくつかの近隣の市町村と合併しました。最後まで反対運動が展開され、町長リコールまで発展した町があったのですが、合併の後、不思議と行政の不正が発覚するのはその町ばかりだったりします。勤務先の町は、企業からの歳入が多く財政的に余裕がありまだ合併していませんが、道路の修繕など議員経由で頼む慣習だったりしますので、合併しない理由は、案外、財政面だけではないような気がしてきました。

Unknown

どんどん世の中が変わっていくように思います。
政治家や権力を持った人たちの顔効きが難しい時代になるのでしょう。

話か変わりますが、昨日、ライデングスクールを借り切ってのマイスターの恒例夏祭りに行ってきました。
孫を連れて,会費も払わずに飛び入りです。
歓迎してくれて氷や昼飯をご馳走になり、孫たちは午後、特別にバイクの後ろに乗せて貰ってコースを走り大満足でした。
昔のKSSの仲間もいて、イベントカーの清掃の話よく知っていました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rfuruya4.blog110.fc2.com/tb.php/391-67833e84


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。