ここから-->

プロフィール

rfuruya4

Author:rfuruya4
ブログ、生活の一部になっています。
バイクの世界に永くいました。若い人好きです。
75才、年寄りですが、まだまだ夢もあります。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

あし@


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お盆で墓参りに行ってきた。

お墓は明石市にある。
今住んでいる三木市から18キロ30分ちょっとの距離だから、まあ市内と同じようなものである。

明石で生まれ、中学高校時代を明石で過ごした。
勿論本籍地は明石市である。

そういう意味では、故郷とも言えるし私にとっては思い出も多いのだが、
家族や子供たちましてや孫に至っては、ほとんど関係がないのである。

然し依然としてお寺との関係もあるし、ご住職は三木までお参りに年に何回か来てくださる。
私の代まではいいとして、
息子の代になるとどんなことになるのだろう。


息子夫婦は今鎌倉に住んでいる。
多分、今後も明石とは関係なく過ごすだろうと思っている。
本籍もどこにおいているのか詳しいことは知らぬが、明石でないことは間違いない。

みんなどうしているのだろう?
今後どんなことになっていくのだろうか?
農耕民族である地域に親戚縁者が集まっていた時代の名残だと思う。

核家族が一般的になり、
生まれ故郷とは関係のないところで過ごすヒトも多いはずである。
都市に人口が集中する傾向が、強まれば強まるほど、生まれ故郷や、お寺や、お墓とは関係が無くなっていくに違いない。


そんな傾向が、強いのだろう。
松平家の菩提寺で昔の明石の人ばかりであった寺も、今はほとんどが新しいお墓に変わりつつある。

どこからか明石に移り住んだ方たちなのだと思う。
その方たちの次の世代が、明石で生活する保証は無いのである。

新しいお墓を見ながら、そんなことを思っていた墓参りであった。
連れて行った娘の子供、孫ではあるがいわゆる外孫にとっては、何の関係も無いお寺である。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rfuruya4.blog110.fc2.com/tb.php/415-d6979bf8


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。