ここから-->

プロフィール

rfuruya4

Author:rfuruya4
ブログ、生活の一部になっています。
バイクの世界に永くいました。若い人好きです。
75才、年寄りですが、まだまだ夢もあります。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

あし@


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オリンピックのメダル獲得ニュースにかき消されて、今年の夏の甲子園は可哀そうである。

沖縄が勝ったものだと錯覚していました。
勝った菊川は静岡でした。
少々ボケの始まりです。
以下の文章は菊川が沖縄だと思って書いています。
そんな錯覚した文章をお読み下さい。
スミマセン。

大阪桐陰と沖縄の常葉菊川の決勝戦である。
まだ、沖縄が日本に戻って来れなかったころから、甲子園で野球をしたり観たりしてきた世代の私にとっては、
沖縄といえば、日本に復帰して初めて甲子園にその姿を現したころの印象がいつまでも脳裏に残っている。

大阪といえば『浪商』である。
戦後、初めてだったか?
平古場を擁して全国制覇した。あのときの『浪商』は強かった。
大阪は日本で『一番野球の強いところ』というような印象を強く人々に植えつけたと思っている。
その後の桑田、清原時代の大阪も強かったが。

沖縄の野球が全国トップレベルになってもう久しいが、初めて甲子園に沖縄の球児たちが姿を現したころは、
日本で『一番野球の弱いところ』ではあったが、高校生らしいその初々しさで観衆を魅了した。沖縄にもそんな時代もあったのである。
どうも私などの世代には、あの沖縄の印象がどうしても抜けきれない。
選手たちも良かったが、暖かく沖縄を迎えた甲子園の観衆の雰囲気も忘れられない。

今はもう、堂々の決勝戦である。
どちらが勝ってもおかしくはない。
オリンピックを食うぐらいの好試合を期待したいものである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rfuruya4.blog110.fc2.com/tb.php/418-3acceccb


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。