ここから-->

プロフィール

rfuruya4

Author:rfuruya4
ブログ、生活の一部になっています。
バイクの世界に永くいました。若い人好きです。
75才、年寄りですが、まだまだ夢もあります。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

あし@


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポーツの世界は、強いものが勝つということになっている。

100メートルの徒競走や水泳を見ていると、早い人はいつも早いのである。
団体スポーツは、チームの調子などもあって、必ず強いものが勝つとは限らない。
どちらが本当に強いのかも解らない場合もある。


然し、サッカーは、強いと思われるチームが、勝つことが多い。
昨日のウルグアイ戦など観ていても、実力が相手のほうが上なのは明らかである。
日本はメンバーが、いつもと違ってはいたが、勝ちきるのは難しかったような気がする。

オリンピックやワールドカップのような短期戦にも、そんなに番狂わせは無く、順当な結果が出るのだと思う。
それゆえに、そんな大会の価値そのものもあるのだと思う。


それに比べて、野球は団体スポーツとは言え、ピッチャーの力が大きい。
チームプレーであることは解るが、チームの力は誰が投げるのかによって大きく変動する。
そういう意味では、オリンピックのようなシステムでは、本当にどちらが強いのかよく解らないように思う。
やはり、アメリカのワールドカップや、日本選手権のように7戦ぐらいやらないと、実力は出ないし、チーム力の判定にはならない。1発勝負には向いていないと思う。

昨日、日本はアメリカに負けてしまったが、アメリカの若手も強いものである。
3Aや2Aの人たちばかりだが、1戦だけでは日本に互角以上である。
星野ジャパンは金メダルを狙っているが、取れる確立はどのくらいなのだろう。
運も大きい気がする。
やはり、大リーグがオリンピックに参加しないように、こんな方式ではホントの強さは発揮できないのかも知れない。

と言って、日程的に無理だし、世界の野球の普及率から言っても、球場の特殊性から言っても、
オリンピックには向いていないのかも知れない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rfuruya4.blog110.fc2.com/tb.php/422-df803ccc


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。