ここから-->

プロフィール

rfuruya4

Author:rfuruya4
ブログ、生活の一部になっています。
バイクの世界に永くいました。若い人好きです。
75才、年寄りですが、まだまだ夢もあります。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

あし@


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三木市は突如『三木市財政危機宣言』を発表した。
難しそうな問題である。
こんなときは素人の、極論暴論も、検討の余地がある。

その一番の原因となっているのが三木市民病院の経営悪化である。
この傾向や原因は、全国共通の医師不足などであって、三木特有のものでもないようである。構造的な問題なのである。

ただ、数値的には改善レベルの対策では難しいような金額である。
そんな構造的な、問題ゆえに小野と一緒に新しい病院をと言うような対策が講じられたのではないだろうか?

その小野市との話が、行き詰って経営危機が表面化しているのである。



役所ではにわかに審議会などを造って検討に入ったが、そんなに専門家が居るとも思えない。
市会議員の中にもそんなに解る人は居るようにも思えない。
こんなときは、極論、暴論が一番解決の早道なのだと思っている。

極論、暴論に応えることで、原因対策の方向は幾らかでも、見えてくるはずである。


『三木に市民病院は本当に必要ですか?』

三木市内と言う意味では、小野と一緒にの場合は、三木に来る保証はない。

『市民病院がないと、誰が、どのように困るのですか?』
困るのは患者ですか? 病院の先生や従業員ですか? それとも市長ですか?

何か、法律とか、制度の問題でなくすことは出来ないのですか?
少なくともなくなれば、毎年の赤字はなくなって0になります。


上の項目で、『患者が本当に困るのかどうか?』が焦点だろう。
推測ですが、患者は何とかなるのではないかと思います。

理由は、
三木ほど市内やすぐ近くに大きな病院のある市はありません。
そこそこ大きい病院が市内にはいっぱいあります。


そんなに、詳しく調べたわけではありませんが、以下の資料を見てどう思われますか?

三木市の病院
加西市の病院
明石市の病院

このほか三田、加古川、加東、神戸など観てみましたが、三木は病院の数は大丈夫です。

神戸市西区にも立派な病院はありますし、緑ヶ丘の直ぐ隣の神戸市にも立派な病院があります。
私自身の個人的な立場では、三木に市民病院がなくても全然困りません。

困らないのは、三木鉄道の廃止と同じくらいですが、
三木鉄道と市民病院では赤字の額が違います。


市民が一番困るのは、
市長や当局者の面子で、問題が伸ばされ最後解決せずに『やっぱり』と言うのが一番困るのです。
市民病院を止めて、困るのは一時的です。
なくなればゼロになります。

あえて、極論、暴論を申し上げました。
『いや、違う』と仰る場合は、満々の自信を持った対策を堂々と即刻、出されるべきだと思います。

5年は長すぎます。
任期1年半は充分すぎる時間だと思います。
こんな話は、長く考えたからといって、妙案は出ないものです。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rfuruya4.blog110.fc2.com/tb.php/468-8913d93e


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。