ここから-->

プロフィール

rfuruya4

Author:rfuruya4
ブログ、生活の一部になっています。
バイクの世界に永くいました。若い人好きです。
75才、年寄りですが、まだまだ夢もあります。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

あし@


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SNSは、はや衰退期に向かいはじめた?
大西宏さんの、マーケッテング、エッセンスにこんな記事が載っている。

その中から、少し抜粋してみると、

『「SNSに飽きた日本のユーザーは55%」という。もう利用が伸びていくという勢いは感じることができません。
また日本での認知は71%に達し、まだ4年というのにはや成熟を迎え、衰退期に向かっていくのでしょうか。
確かにSNSは、つきあいが主目的で、得られる情報の深さが不足しているところにネックがあるのかもしれません。
ネットでの「つきあい」を深めていく要素が不足しているというのが正直なところでしょうね。』

SNSと言えば、mixiと言えるほど、mixiのシェアは高いし、参加人員も1300万人とずば抜けて多い。
私自身も、紹介されて入っているが、『もう飽きたか?』と問われると『Yes』と応えるであろう。
確かに、沢山の人とは会えるけれど、一種の流行で入っているだけで、人とは繋がるがそこから先が見えないのである。


大西さんは、こういう風にも述べている。

『利用者の多さだけでなく、良質なコンテンツ、つまり欲しい情報の集積度がなければ、CGMも厳しいということでしょうか。
そのための仕組み作りやマーケティングがなかったことが災いしてきたように感じます。
こういったメディアも、そろそろ新しい技術がリードするサイクルから、むしろマーケティングインするサイクルの時期を迎えつつあるように思います。

アンケートレベルではなく、もっと深いところでユーザーを研究することを行えば、新しい切り口がでてくることは間違いないと思いますが、これまでの成功体験が邪魔してなかなか発想を変えるというのは難しいかもしれません。』

まったく同感である。
そこに参加した人たちの仕組みに対する要求も逆にないのかも知れない。
世の流行だから、とりあえず時代に乗り遅れないように、と言う理由で参加した人が多いのだろう。



同じSNSだが、その規模はmixiとは比べるのもおかしいようなたった4000人の『ひょこむ』だが、
先月、日経の地方情報化大賞のグランプリを獲得した。
このSNSにも、丁度1年前から参加しているが、
同じSNSでも、一味もふた味も違っていると思う。
『地域活性化』がその基本目標に上げられている、兵庫県が後押しするSNSだけに、小型で地味だが、中味は濃い。

これは、『飽きる』と言うよりは、その機能を使う側が『使いきれていない』のではと思っている。


『ネットワーク』と言うものには、もう何十年も関係があったものだから、
ずっと興味、関心を持ち続けてきた。

SNSと言うような、インターネット時代のいいシステムは、『それを使って』使うだけではなしに、
『何かをしたい』という明確な意思をもっていなければ、その仕組みは機能しない。

ただ、集まっているだけでは、『飽きてしまうのは』当然の結果であろう。
そんな『マーケッテングをちゃんとやれ』と仰る大西さんの意見に共感である。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rfuruya4.blog110.fc2.com/tb.php/476-854fbcfa


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。