ここから-->

プロフィール

rfuruya4

Author:rfuruya4
ブログ、生活の一部になっています。
バイクの世界に永くいました。若い人好きです。
75才、年寄りですが、まだまだ夢もあります。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

あし@


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『大リーグと競う魅力を』
今朝の朝日の社説である。
朝日の社説には100%同調できることは、少ないのだが、
本件に関して言えば、100%賛成である。

どうしてこうも、日本のプロ野球連名と言うか、関係者の発想はダメなのだろうかと思う。
およそ、スポーツという世界の明るくのびのびとしたところが、全く感じられないのである。


朝日の社説のところどころ、共感する部分を抜粋してみる。


 「日本でのドラフト指名を拒否した選手は、その後海外から戻ってきても数年間は日本の球団入りを認めない、という。ずいぶんとけち臭いルールを作るものだ。 」

 「嫌がらせのような泥縄式のルールは、すぐに白紙撤回すべきだろう。」

 「日本の球界は人材の出入りを縛るのではなく、流動性を高めるすべを考えた方がいい。」

 「逆に米国の有望なアマ選手も積極的に誘いたい。移動やプレー環境の厳しい米国のマイナーリーグよりも、待遇がよくて投手のレベルも高い日本で力をつけた方がいい。そう考える選手も少なくないはずだ。 」

 「日本野球の将来性はまだ十分にある。
日本の野球を大リーグと堂々と渡り合える、魅力あるものへと育てていく。グローバル化の時代は、そうした視点を日本球界に求めている。 」


はじめから、大リーグには叶わないと諦めている感じである。
いつの日にか、日本が世界の野球の中心になるというような、夢など微塵も見られない。

あの巨大なアメリカの自動車産業に、トヨタや日本の自動車産業は匹敵するレベルになろうとしている。
相撲の横綱が外人であっておかしくない時代にもなった。

野球でも、いつまでもアメリカの大リーグが一番である保証はない。


こんな、惨めな発想からは、何も生まれない。
なぜこうも、閉鎖的なんだろうか?  島国に育つ封建的な考え方で、日本人の特徴なのだろうか?


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rfuruya4.blog110.fc2.com/tb.php/481-f8ae5860


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。