ここから-->

プロフィール

rfuruya4

Author:rfuruya4
ブログ、生活の一部になっています。
バイクの世界に永くいました。若い人好きです。
75才、年寄りですが、まだまだ夢もあります。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

あし@


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

航空幕僚長更迭

航空幕僚長が、自ら書いた論文問題で更迭された。

政府見解と異なるということがその理由であろうが、
各国との摩擦、野党の批判など総選挙を控えて、政治問題にしたくないという思惑が見え隠れする。
歴史観であるから、個人でいろんな考えを持つのは自由だと思う。

日本は戦争に負けたから、なかなか本音は国際的に語れないのだと思う。
白でも黒と言いかねない中国式に言ったら、こんな主張があってもおかしくはないと思っている。
これが正しいかどうかは解らない。
主張すること自体に問題があるとすれば、他の政治課題にも影響をする問題であるからで、
航空幕僚長と言う公式の立場では、やはり更迭は止むを得なかったのかも知れない。


鬼の首を取ったように喜ぶ朝日の社説。

これは更迭止むなしという読売の社説。

残念と言う産経の論説。

それぞれさわりの部分だけ、こんな風に言っている。


『朝日の社説』

空幕長更迭―ぞっとする自衛官の暴走 
こんなゆがんだ考えの持ち主が、こともあろうに自衛隊組織のトップにいたとは。
驚き、あきれ、そして心胆が寒くなるような事件である。

歴代の防衛首脳は田母神氏の言動を放置し、トップにまで上り詰めさせた。

制服組の人事については、政治家や内局の背広組幹部も関与しないのが慣習だった。
この仕組みを抜本的に改めない限り、組織の健全さは保てないことを、今回の事件ははっきり示している。防衛大学校での教育や幹部養成課程なども見直す必要がある。

麻生首相は今回の論文を「不適切」と語ったが、そんな認識ではまったく不十分だ。
まず、この事態を生んだ組織や制度の欠陥を徹底的に調べ、その結果と改善策を国会に報告すべきだ。



『読売社説』

空幕長更迭 立場忘れた軽率な論文発表
 航空自衛隊のトップという立場を忘れた、極めて軽率な行為だ。

 麻生内閣も、1995年の村山首相談話を踏襲している。
浜田防衛相は、「政府見解と明らかに異なる意見を公にすることは、航空幕僚長として、大変不適切だ」と更迭の理由を述べた。当然だろう。

もとより、歴史認識というものは、個々人がそれぞれ歴史認識を持つことは自由である。
しかし、田母神氏は自衛隊の最高幹部という要職にあった。
政府見解と相いれない論文を発表すれば重大な事態を招く、という認識がなかったのなら、その資質に大いに疑問がある。

 論文には、集団的自衛権が行使できないとする政府の憲法解釈や自衛隊の武器使用の制約など、重要な問題提起も含まれている。
だが、この論文の文脈の中で主張しても、説得力を持たない。




『産経新聞論説』

主張]
歴史観封じてはならない

航空幕僚長が、先の大戦を日本の侵略とする見方に疑問を示す論文を公表したとして更迭された。
異例のことである。
田母神氏の論文には,かなり独断的な表現も多い。
政府の一員としてそうしたことに配慮が足りなかったことは反省すべきだろう。

だが、空自トップを一編の論文やその歴史観を理由に、何の弁明の機会も与えぬまま更迭した政府の姿勢も極めて異常である。疑問だと言わざるを得ない。

確かに「村山談話」は閣議決定されている。
だが、談話はあくまで政府の歴史への「見解」であって「政策」ではない。
近隣諸国へ配慮を優先した極めて政治的なものだった。
その後、談話を引き継いだ内閣でも新たな議論はしていない。
このため、与党内には今も「村山談話」の中身の再検討や見直しを求める声が強い。

政府としては、テロ特措法や、来月の日中韓首脳会談への影響を最小限に抑えるため、処分を急いだとしか思えない。
むしろ今、政府がやるべきことは「村山談話」の中身を含め、歴史についての自由闊達(かったつ)な議論を行い、必要があれば見解を見直すということである。



読売は『当たらず触らず』の意見だが、
朝日は、防衛庁などの制度や組織の欠陥を見直せと主張し、
産経は、村山談話の見解を見直せと主張しているのは面白い。

両方とも、検討してみてはどうかと思ったりする。


当時、その侵略地で少年時代を過ごした私の率直な心情を、このブログに書いた。
是非、ご一読を。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rfuruya4.blog110.fc2.com/tb.php/494-107406a3


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。