ここから-->

プロフィール

rfuruya4

Author:rfuruya4
ブログ、生活の一部になっています。
バイクの世界に永くいました。若い人好きです。
75才、年寄りですが、まだまだ夢もあります。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

あし@


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大阪、京都、滋賀の三知事が揃って、大戸川ダムの国の整備局のダム必要案に反対して、大きなnyニュースになっている。

具体的にそれが必要かどうかなどの議論に加わる知識も、見識も持ち合わせていないが、
今回の推移を見ていると、国と地方の関係、国と地方の知事などとの関係など、昔とは随分と変わったものだと思うようになった。

ダム建設に反対で記憶に新しいのは、長野県である。
あの頃は、独り知事が反対していたように思えた。
国も強かったし、確か議会も作るほうの側であった。

いろいろあったが、結局は知事が変わって、ダムはどうなったのか?
あまり騒がれないことを見ると、予定通り作られるのではなかろうか。

大体この手の計画は、国が策定し地方や住民はそれに従うのが普通である。
普通である場合はニュースにならないのである。
反対をすれば、それはニュースになるので解るのである。

熊本が反対しているとかは最近聞いた話である。

賛成するのが、普通なのに流域の三府県の知事が揃って反対をするのは大ニュースである。
更に、ダムの話だけではなしに、『地方分権問題』として取り上げようとしているのである。

これは単なるダムの賛否を問うているのではなくて、地方分権を見据えた出先機関の統廃合と言うより大きな構造問題である。

世の中も変わったものだとつくづく思うのである。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rfuruya4.blog110.fc2.com/tb.php/502-df07c6ca


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。