ここから-->

プロフィール

rfuruya4

Author:rfuruya4
ブログ、生活の一部になっています。
バイクの世界に永くいました。若い人好きです。
75才、年寄りですが、まだまだ夢もあります。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

あし@


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裁判員制度

来年の5月からいよいよ実施されるようである。
年末にかけて候補者になった人に質問票などが送られてくると言う。

その数は350人に1人だとか。
思いのほか多いのである。
私のまちは約1万人だから30人ぐらいの人が当たることになる。

どうももう一つ、なぜこんな制度にしたのか、その説明を読んでみても納得がいかない。
端的にいうと、そんなに無作為に選んだ人が裁判員になって大丈夫かと思うのである。

若し選ばれてもイヤだと思う人が殆どではないだろうか?
私の場合は、多分『70歳以上』を理由に断ることが出来ると安心しているのだが、選ばれた人は大変だと思う。

裁判を受ける、裁かれる立場には多分ならずに済むとは思うが、若しそんな立場になったと考えると、
こんな素人の人たちに裁かれるのはどうも不安である。

『国民のみなさんが刑事裁判に参加することにより,裁判が身近で分かりやすいものとなり,司法に対する国民のみなさんの信頼の向上につながることが期待されています。
国民が裁判に参加する制度は,アメリカ,イギリス,フランス,ドイツ,イタリア等でも行われています。』

導入の背景としてこんな風にも説明されている。

『現在では犯罪も欧米並みに凶悪化、低年齢化し、件数にも右肩上がりに増えています。
これまで行われてきた裁判は法律の専門家のみにより、丁寧で慎重に検討が行われてきました。
その結果、専門性を重視するあまり、審理に長期間を要し、判決の内容などが理解しにくいものと考えられます。
国民の安全を守る上でも、犯罪を行った人に適正な刑罰を科すことは重要です。
本当にその人が犯罪を行ったのか、司法の場でより慎重に判断するための仕組みとして今回の「裁判員制度」が取り入れられることとなったのです。
無罪の人が不当に権利や自由を奪われることを防止する意味でも、様々な経験、知識を持った市民が「裁判」に参加し、その良識に照らして「疑問の余地はない」と判断した上で、「有罪」とする。
「私」や「あなた」の感覚が「裁判」に反映されることで、国民ひとりひとりが司法への信頼や理解を深め、分かり安い裁判を実現していくためにも提案された制度です。』

などと述べられているが、なぜ素人が裁判に参加したら裁判期間が短くなるのか?
雑学を持った一般人のほうがちゃんとした判断をするというのだろうか?
先進国がやっているからと言うが、日本人は一般に自分の主張を主張しないのではないかと思ってしまう。

どうも、もう一つ腑に落ちないのである。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rfuruya4.blog110.fc2.com/tb.php/504-b5af266b


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。