ここから-->

プロフィール

rfuruya4

Author:rfuruya4
ブログ、生活の一部になっています。
バイクの世界に永くいました。若い人好きです。
75才、年寄りですが、まだまだ夢もあります。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

あし@


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分離信号?

分離信号と言うのモノが具体的にどんなものかはよく解っていない。
昨日の夕方の民放のテレビでこの話題を取り上げていた。

青信号で横断歩道を渡っていたのに左折の大型トラックに巻き込まれて即死した息子の交通事故死から、横断歩道の問題点を国内はもとよりイギリスまで出かけて、その実態を調べている父親のことを取り上げた報道であった。

日本の交通ルールはどこの国を参考にして作られているのだろうか?
特に青信号での横断歩道は非常に危ない。
なぜあんなルールになっているのかよく解らない。

基本的に左折車も歩行者も通れるのである。
横断歩道を人が渡っているときは車は停止して人が横断してから左折するのがルールだが、
多分キャブオーバーのトラックなどの運転席からは、左後ろの人はバックミラーの死角もあって見えにくいのだと思う。

分離信号とは車は車、人は人と両方一緒に通行することを避けようということであるらしい。
確かにそのほうが安全だが、時間処理が難しいのだと思う。

イギリスはその辺を解決するために、手前に島を作って対処している。
アメリカは歩行者が少ないこともあるのだろうが、常に右折OKである。
日本で言えば、左折Okである。 左折可は日本でもあるところがあるが、これはすべての交差点でOKにすればいいと思う。
このほうがスムースで、今の右折信号のような短い左折信号と併用することで、分離信号も可能になるのではと思ったりする。

兎に角今の交通ルールは、もう一つ合理的でないような気がしてならない。
それこそコンピューターのシュミレーションなどで検討すれば合理的な新しいルールが見つかると思うのだが。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rfuruya4.blog110.fc2.com/tb.php/505-5f878fee


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。