ここから-->

プロフィール

rfuruya4

Author:rfuruya4
ブログ、生活の一部になっています。
バイクの世界に永くいました。若い人好きです。
75才、年寄りですが、まだまだ夢もあります。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

あし@


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中日落合監督

WBCのことについて昨日ちょっと触れた。
中日問題についても、そんなに目くじらを立てるほどのことではないと思う。

なぜ、日本のマスコミの風潮はバッシングが好きで、みんなで叩くような感じになってしまうのだろうか?
先日は、医師会問題で麻生さんがやられた。後で話したその前後の文脈を見たら、そんなにおかしなことは言っていないのである。
医者個人ではなくて、医者が集まった医師会のほうは、少々社会常識に欠ける行動や発言が過去にあったのは事実である。


昨日の問題に対する、中日落合監督のコメントを今朝の朝日は囲み記事でこう伝えている。

選手時代の落合さんはそう好きでもなかったのだが、
中日の監督になってからの落合さんは好きである。
監督らしいし、発言の内容に納得できることが多い。

プロ野球選手は、確かにひとりひとりが個人事業主なのだから、WBCへの出場も「名誉」と受け取るのも、「出場辞退」も選手の判断であって、球団が判断すべきものではないという理屈は筋の通った正論であろう。

産経を見たら、こんなに詳しく載っていた。

『 「何が何でも行け、行くな、なんてことを選手に言う権利はオレにはないし、選手も従う義務はない。球団で断ったなんて書かれ方はマスコミの暴力だ」

 球団にかかる電話、ネットに広がる批判の声。一部の“ボイコット説”に強く反論した。』

詳しく書かれているので、ご関心のある方はどうぞ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rfuruya4.blog110.fc2.com/tb.php/511-fccacb3e


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。