ここから-->

プロフィール

rfuruya4

Author:rfuruya4
ブログ、生活の一部になっています。
バイクの世界に永くいました。若い人好きです。
75才、年寄りですが、まだまだ夢もあります。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

あし@


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大阪府の橋下さんが、また面白い発言をした。
小、中学生の携帯の禁止である。

私自身は携帯は持っていない。我が家には息子の嫁が買ってくれた携帯があるにはあるのだが、
特に使う必要もなくて、外出するとき持って行こうかなどとも思うのだが、
『ひょっとして落としてはいけない』といつも家においてある。
携帯のNOを知っている人も、ごくごく限られているので、電話が掛かったりすることもない。

そんな状態だから、『小、中学生に携帯は必要か?』と聞かれたら、即座に、NOのほうに反応することは間違いない。

世の中に、そんなに急ぐ用事などないと思っている。
私など携帯は持っていないが、何かを処理するスピードはそんなに遅くはない。
携帯を持ち歩いている人が、早いとも思わないし、大体掛かってくる電話の用件もそんなに大したことではないのである。

ましてや小中学生にそんなものが要るはずがないと、単純に思って、
また橋下さん思い切ったことを言ったものだと思っていたが、

調べてみると、あち こち で既に言われているのである。

単純に禁止にしても、そんなに大問題になるはずはないのだが、
必ずどこかで反対意見が出るのである。
それは、どちらかと言うと、万に一つのような誘拐とか、子供の通学に危険だというようなことが理由になったりするのである。

携帯電話などは、昔はなかったのである。
家に電話がついたのは、つい最近のことなのである。
そんな時代から、通勤通学はあったのだが、そんなに問題は起こっていない。

世の中に出現したものは、みんな流行で、それを使うのが、『かっこいい』とでも『今のスタイル』とでも、思っているのだろうか?
そんな単純な発想だから、『大麻も吸ってみようか』と思ったりするのかも知れない。

小中学生に必要なものは、その子供時代にしか覚えられない、勉強がいっぱいある。
それは、携帯電話よりはずっと大切なものである。
3時間も、携帯に時間をつぶしているなど、国としても大きな損失である。

ちょっと大上段で、言いすぎかな。 然し、ホントに必要ないと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rfuruya4.blog110.fc2.com/tb.php/521-b6dda30e


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。