ここから-->

プロフィール

rfuruya4

Author:rfuruya4
ブログ、生活の一部になっています。
バイクの世界に永くいました。若い人好きです。
75才、年寄りですが、まだまだ夢もあります。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

あし@


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家,家系、家柄

人はそれぞれ個人である。
世の中も一番小さな単位が家族である。

それも代々受け継いで更に後世に引き継がれてゆく。
国にその歴史があるように、家にもそれぞれ小さいなりに歴史もある。

家系、家訓などといって大層に引き継がれてゆくものもある。
老舗などといわれるのも、同じようなものである。

私自身は、あまり好きではない。
そんな発想が、知らず知らず差別に繋がると思っている。
人はそれぞれ平等に生まれてきて、自分なりに好きなように自分の実力で生きるのが一番いいと思っていた。

そう思ってきたし、そのように行動してきた。
しかし、世の中にはいろんな仕来りや決め事などもあって、家の事情も家の歴史も知りたいと思うのは自然であるとも言える。

息子や娘、家内にも一切そんなことは触れずに来た。
いえない事情など、微塵もない。むしろその逆なのだが、そんなものなどに頼らずに自由に生きたいし、生きて欲しいと願ったからである。
そんなことを言うのは、一種の自慢に繋がる。
どうも言いたくないのである。

75才になって、若し私が言わないと誰も知らないままになる。
ちょっと迷っているのである。
孫たちはどんな風に思っているだろうか?

そんなことでアップした、殿様のお墓とーーーというブログである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rfuruya4.blog110.fc2.com/tb.php/548-bd57eee4


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。