ここから-->

プロフィール

rfuruya4

Author:rfuruya4
ブログ、生活の一部になっています。
バイクの世界に永くいました。若い人好きです。
75才、年寄りですが、まだまだ夢もあります。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

あし@


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さなSNS

一昨年からブログのほかにSNSに入っている。

SNSといえばまず、mixiだろうが、
こういっちゃ何だが、私はmixiに一番興味がない。
使い方が悪いのかも知れぬが、相手が多すぎて絞りきれないのである。

関心のあるカワサキにしても、今住んでいる三木にしても、コミユニテイに集まる人数は直ぐ1000人単位である。

大体今の世の中、人の価値観は多様化していて、1000人もいると殆ど選別した意味がなくなった大衆みたいなものである。
それならば、1300万人のmixiよりは、100万人単位の一般のブログのほうがと思ってしまうのである。


『ひょこむ』という兵庫県が後押しする4000人ほどの小さなSNSがある。
兵庫が中心だが、全国区である。
昨年は日経の地方情報化大賞グランプリも受けたし、管理者の和崎宏氏は総務大臣賞も受けている。
システムの機能と質は、非常に高度である。
結構気に入っていて、200人の友達もいる。そのうちの70人が私自身の招待者だから、身内の集まりみたいである。

このひょこむの子供に、地域を核にしたSNSがある。
例えば佐用町を中心の『さよっち』、三田の『さんでぃ』それぞれ400人、300人である。
今年からそこに入れて頂いた。
そこで活動する積りはないのだが、私のマーケッテングである。

私の仮説では、それくらいのほうが更に密度もまして、人の繋がりも面白いのではないかと思っている。
それがどうなのかが、関心事である。


日本人がそうなのか、日本の社会がそうなのか?
兎に角、タテ型社会だし、タテ型発想である。
ネット社会のようなヨコタイプのシステムに入ってきても、SNSのような典型的なヨコに繋げる仕組みの中でも、その使い方は縦社会のままなのである。

私は敢えてそんなスタンスに差別化して、
今6つのブログ
4つのSNSをやっている。
横に展開しているからそれぞれに、コンセプトも設定できるし、それを繋ぐことも出来るのである。


このブログもFC2のためにも書いているのだが、ほかもところにいつでもリンクできるように、その準備をしているのである。
そして、準備さえしておけば、いつでも好きなときに自由にリンクできる機能をみんな備えている。
なのに、そんな風に利用している方はあまり見かけない。

しかし、数少ないが、おなじスタンスの人は何人かはいるのである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rfuruya4.blog110.fc2.com/tb.php/557-8aafd359


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。