ここから-->

プロフィール

rfuruya4

Author:rfuruya4
ブログ、生活の一部になっています。
バイクの世界に永くいました。若い人好きです。
75才、年寄りですが、まだまだ夢もあります。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

あし@


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今、NPOを立ち上げようと動いている。
動いているといっても、先週土曜日にやろうと決心してまだ1週間も経っていない。

今朝の朝日、
『官民「協働」への試行錯誤』 と大きな見出しで1ページの特集を組んでいる。

成功例も失敗例もあるという。行政主導のNPOのことを『GONPO』 と呼んだりするらしい。
日本の社会はまだまだタテ割りで、上意下達、官意は大事にするが、民意を本当にくみ上げようという仕組みはあまり見かけない。

『協働』は『下請け』の別名になっていくのかと、試行錯誤しているのである。

『協働』  
日本NPOセンターの定義によると、
「異種、異質な組織」が「共通の社会的な目的」を果たすために「それぞれの資源や特性」を持ち寄り、「対等の立場」で「協力して共に働く」こと。
NPOと行政との協働を広くとらえるとイベントや講座の「共催、共同運営」活動資金の「補助、助成」、
事業の「委託」がある。

と書かれている。上手に定義を纏めるところまではいくのだが、
『協働』とはあくまでもヨコ型のお付き合いなのに、従来のタテ割りの発想で対応するのでおかしくなる。
更に、システム的な対応ではなくて、人の努力でやろうとするから、目的どおりにはどうしても動かない。
kawasaki1s-.jpg

上の文章、私が今作ろうとしているNPOの設立趣旨書にそのまま使いたいような文章である。
この1年間、システム的に基本コンセプトを明確に設定して動いてきた。
のろしを上げて5日目、いま、こんな状況である。

官民も、世の中にあるすべての組織でも、施設でも、グループでも、或いは個人でも、
どこかの地域に限定せず、
兵庫県三木市緑ヶ丘町発ではあるが、システム的には全国区で『協働できる』ソフト企画法人の『The Good Times』をいま検討中なのである。

ネット社会では、情報の発信は、何も東京でなくてもいいのである。
『ジャパネット何とか』は、確か長崎から全国制覇中である。







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rfuruya4.blog110.fc2.com/tb.php/567-e8d221b1


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。