ここから-->

プロフィール

rfuruya4

Author:rfuruya4
ブログ、生活の一部になっています。
バイクの世界に永くいました。若い人好きです。
75才、年寄りですが、まだまだ夢もあります。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

あし@


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大阪府知事、橋下さん。
彼の今までにない政治スタイルが好きで、ずっと応援もしてきた。


そんな橋下さんだが今回の地方は支持政党を明確にと言う提案には、各地の首長さんたちの賛同は少ない。
確かに地方分権まではいいのだが、その後の具体的な提案のほうに無理があるようにも思う。
今回は流石の橋本さんも逆風かなと思ったりしたが、
昨日辺りからの民主党や公明党、さらには自民党との話し合いでは、またまた脚光を浴びている。


中央の政党から見たら、大阪府知事と言えども単なる地方の一知事である。
それなのになぜこんなに持てはやすのか?

橋本さんの人気には、「バックに大衆が付いている」=「挙の票が付いている」と思っているのだろう。

なぜ、人気があるのか?
いろんな要素があるのだろうが、私は彼の「モノの言い方」歯切れの良さが好きである。
単純明快で、普通の人の言葉なのがいい。
知事なのに、いつも自分を表現するのは『僕』である。
反対などは恐れない自分自身の意見をいつでもどこでも展開する。

その考えを、生み出すベースはやはり『アタマのよさ』だろう。
難しいことも、チャンと解りやすく庶民の言葉で表現する。
ディベートにも強い『流石、弁護士』と思うことがしばしばある。


一体、どこに乗るのだろう?
自民党では、イメージが合わないように思う。
『地方分権』がメインテーマであることは解るが、自民党よりは民主党のほうがイメージ的には合うと思う。

しかし、国防だ憲法だというときに民主党とは、特にその一部の人とは合わないのではないか?
マージャンのパイを混ぜて積み直すように新党結成して大連合でもすればいいのに、と思ったりする。


東国原さんが仮に総裁になっても、それは無いとすればたとえ桝添さんでも、今のままの顔ぶれの自民では多分変わらないだろうと思ってしまう。

それにしても、知事が国政に影響を与える。
そんな不思議な時代になったのは、拍手である。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ最後までお読み頂いて有難うございました。
お手数ですが、ちょっとクリックして頂けますか?






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rfuruya4.blog110.fc2.com/tb.php/622-84a3cb80


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。