ここから-->

プロフィール

rfuruya4

Author:rfuruya4
ブログ、生活の一部になっています。
バイクの世界に永くいました。若い人好きです。
75才、年寄りですが、まだまだ夢もあります。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

あし@


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ブレーン」 言葉としては聞くが、
実際にはブレーンを持っている人は少ないのでは、と思ったりする。
ブレーンが生きるためには、
それを必要とする『常にそのことを考え続けている人』がいて、初めてブレーンは機能するのだと思う。
かっての小泉さんがそうだった。


先日、武雄の病院問題で樋渡さんが、こんなブログを書かれた

私が、『昨日の武雄市長物語』と題して、こんな感想を述べたら、、
樋渡さんから、すぐこんなコメントが戻ってきた。

『 「現状の否定」「構造問題」「やがて」というワーディングで、
より、今回の市民病院意味がよく分かりました。

私の場合、幸運だったのは、職員や議員、県、国、そして、実は全国医師会の中にもいるブレーンの存在です。
私が理念を伝え、その理念に肉付けをしてくれました。まだ、軌道修正の必要があるときは、瞬時に知恵を授けてくれました。
また、彼らからは救命救急医療の大切さを教えてもらいました。
いずれにしても、周りに恵まれたなぁと思ってます。 』

『この問題は難しいと思いますが、よく信念を通されたと思います。
周りを大事にされるので、ちゃんとした進言があるのでしょう。
ブレーン、そんな存在と無縁の方がほとんどです。
私はどうも○○審議会と言うのは好きではありません。
今後も、是非頑張ってください。 』

とコメントを返したら、珍しく2度目のコメントが戻ってきた。

『審議会 (はいびー)
僕も審議会というのは好きではありません。
あれは行政の体のいい隠れ蓑です。霞が関は積極的に整理統合しています。
武雄市の場合、審議会はなるべく作らないようにし、あるものは、原則公開にしています。 』


物事の真の目的を実現するためには、
『そのときだけそのことを考える』レベルではダメだと思っている。
『ずっと集中してそのことを考える』必要がある。
武雄の病院問題の場合、『ずっと考え続けた人』は間違いなく『樋渡さん』である。
こんな状況のときだけ、ブレーンは機能するのである。

○○審議会=丸投げ外注のようなもので、形は整い逃げの口実は出来るが、責任の所在は曖昧である。
同じ『病院問題』だが、三木のリーダーの対応の姿勢とは、180度の差があるように思えてならない。


審議会などという、そんな大層なものとは無縁であったが、
ブレーンと思えるような人は、ずっと周りにいた。
先に出た、『やがて』と言う言葉を使っている、服部吉伸さんは、最高のブレーンだと私が勝手に思っている。かって、具体的なお付き合いもあったのである。
今のNPOのメンバーも、タッチャン、jhojin、大和屋嘉平さんはブレーンとしての参加だと思っているし、表には出ていないが、『明石原人』さんは50年来のブレーンである。



ブレーンと審議会 よく似ているが、本質的に全然異なるものなのである。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rfuruya4.blog110.fc2.com/tb.php/626-dd186a42


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。