ここから-->

プロフィール

rfuruya4

Author:rfuruya4
ブログ、生活の一部になっています。
バイクの世界に永くいました。若い人好きです。
75才、年寄りですが、まだまだ夢もあります。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

あし@


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

兵メの西海さん

『兵庫メグロの西海さん』
カワサキのレースの黎明期に、本当にお世話になった。

そんな西海さんが、突然亡くなられた。
thiraiさんが昨年から『兵メ』でお世話になっていて訃報もthiraiさんから連絡があったのである。

カワサキがまだ、『レースのいろは』すら解らなかった時代に、
カワサキのレース活動にいろいろと具体的に助言をして頂いたり、具体的に動いて頂いたのは、
西海さんなのである。

西海さんが居られなかったら、
カワサキのレースはまた違った道を歩んだであろう。
多分あんなに発展したレース活動にはなっていなかったと思う。

西海さんは、その頃はすでに引退はしておられたが、
兵庫メグロを経営されると同時に、かっては『オートレース』のプロライダーでもあった。
そんな経歴が、当時の神戸木の実を主宰する片山義美君なども、一目も二目もおく存在であったのである。

そんな関係で、カワサキの初期のモトクロスの契約ライダーとして、
神戸木の実所属の山本隆(60おじさん)や歳森康師がカワサキに来たのだし、
金谷秀夫が最初に乗ったメーカーもカワサキだったのである。

ライダーだけではなしに、カワサキの名物メカニックであった故松尾勇さん、
カワサキのF21Mは、松尾さんが独りで造ったようなものだが、
その松尾さんは、西海さんの兵庫メグロからレースをやるために川崎航空機に来られたのである。



カワサキのファクトリーとしての最初のレースと言われる、
青野ヶ原のモトクロスも、実質西海さん主催みたいなもので、西海さんが居られなかったら、実現はしなかったと思われる。

この写真にも載っている『飯さん』からも、『西海さん亡くなった』と連絡が入った。
みんな昔からの仲間なのである。

西海さんがレースのことで一番密接に繋がっていたのは、
山田さん(元川重副社長)やこの写真にも載っている中村治道さんなのだが、お二人ともちょっと出席できないのは寂しいことである。
逆に言えば、そんなに昔のことになってしまったのである。



もう20年も前に、レースチーム結成25周年を記念して開いたレースOB会のときの写真である。ちょっと小さくて見えにくいが、
山田、高橋両元川重副社長の真ん中に居られるのが西海さんである。
このときは元川重社長の田崎さんも2列目である。
星野一義や清原明彦もいるがOBとしては末席のそんな時代であった。
60おじさんも、thiraiさんも、金谷秀夫も勿論いるし、Z1会の大槻さんもいる。

来年の年明けには、キヨさんが幹事で、このとき以来のOB会をやることになっている。
そんな風にまだ続いているお付き合いである。

そんな人の繋がりの、真ん中に居られた『西海義治さん』
有難うございました。安らかにお眠り下さい。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ最後までお読み頂いて有難うございました。
お手数ですが、ちょっとクリックして頂けますか?






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rfuruya4.blog110.fc2.com/tb.php/684-7f8cbdd8


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。