ここから-->

プロフィール

rfuruya4

Author:rfuruya4
ブログ、生活の一部になっています。
バイクの世界に永くいました。若い人好きです。
75才、年寄りですが、まだまだ夢もあります。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

あし@


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平古場投手

夏の甲子園、真っ盛りである。

昨日は駒大苫小牧が9回に逆転されて、初戦で姿を消した。
今日は、地元報徳が青森山田と対戦する。

新聞は甲子園の野球のニュースでいっぱいだがそれ以外にも、
先日のフレッシュオールスターで兄弟でクリーンアップを打った中日の堂上剛が巨人戦でサヨナラ弾を打ったとか、ヤンキースの井川がパドレスに移籍かなどというニュースも並んでいる。


そんな中で、戦後はじめて開かれた第28回全国中等学校優勝野球大会で優勝した浪華商の優勝投手平古場昭二さんがなくなったというニュース。

名称も中等学校である。1946年、昭和21年まだ旧制中学の時代であった。
私は旧制中学1年生の一応は野球部員であったから、この浪商の優勝も平古場投手の1試合19三振の記録や決勝戦の京都二中を完封した試合のことなどよく覚えている。

戦後はじめての大会だった上にその勝ち方が素晴らしかったこともあって、野球の人気はこのことで突如日本国中に沸騰したといってもいい出来事であった。

夏の大会の歴史は古く幾つもの印象に残っている試合もあるが、私にとって最も強烈だったのはこの浪商の優勝である。


その後、慶大に進み、全鐘紡などでも活躍されたが、夏の大会の優勝が強烈すぎて、その後のことは余り印象にない。
当時の慶応には、私の高校の2年先輩の山本治投手も在籍されていて朝日スポーツ賞などをとられたりした活躍だったので、むしろそのほうが印象に残っている。

然し、「平古場」「ひらこば」を当時知らぬ人は居なかった。
このようなことを「一世を風靡した」と言うのであろう。

もう遠い昔の出来事になってしまった。
そして、今夏もまた新しい歴史が刻まれるのだろう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rfuruya4.blog110.fc2.com/tb.php/75-bb4ce3a1


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。