ここから-->

プロフィール

rfuruya4

Author:rfuruya4
ブログ、生活の一部になっています。
バイクの世界に永くいました。若い人好きです。
75才、年寄りですが、まだまだ夢もあります。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

あし@


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Google と Yahoo 、世界では圧倒的にGoogleなのに、

何故、日本だけがYahoo が強いのだろうか?

つい先日から、ホームページをGoogleにした。

『検索$便利技』 という本を買ってきて、読んでいるが、残念ながら7割が理解できない。

出来るところは、簡単なところばかりだが、おもしろいものもある。



孫に言ったら、『そんなの常識』 と言わんばかりの答えが戻ってきたが、

私にとっては、『新発見』なのである。

Google と Yahoo 、世界では圧倒的にGoogleなのに、

何故、日本だけがYahoo が強いのだろうか?

つい先日から、ホームページをGoogleにした。

『検索$便利技』 という本を買ってきて、読んでいるが、残念ながら7割が理解できない。

出来るところは、簡単なところばかりだが、おもしろいものもある。



孫に言ったら、『そんなの常識』 と言わんばかりの答えが戻ってきたが、

私にとっては、『新発見』なのである。



ブログにはコメントが来る。
このgooのいいところは、ややこしいコメントやトラックバックが少ないことである。

人気ブログのFC2などは、おかしなコメントやトラックバックが多くて、それを消すだけで結構時間が掛かるのである。

コメントもそんなに多くはないのだが、
常連のかたが多いのでコメントはどちらかというと待ち望んでいるといったほうがいい。

ただ、トラックバックは、ブログに比べると、何となくややこしいのが多いので、
『あなたのブログにトラックバックが送られました』というコメントがたまに届くと、
『またか』とあまりいい気がしないのである。



昨日の午後、そのトラックバックが届いた。
「新聞代8000万円浮かせたで、きっと震え上がった人たち」
というタイトルの
大西宏のマーケッテングエッセンスからである。

『民主党のばら撒きと財源問題』でテレビでのみのもんたと橋下さんのやり取りの感想を記したのだが、
文中にその「雑感日記」を取り上げていただいて、リンクを貼っていただいている。

人気ブログからのリンクで、
アクセスもいつもより200以上も増えて863アクセス、
順位も1274680ブログ中413位、とビックリするようなことになった。
それにしても多いな」と思ったらヤフーのこんなところにも出ているのである



「震え上がった人たち」とは新聞社のことだろうが、
私自身も、『霞ヶ関がやれば8億円』と勝手なことを書きながら、
「新聞社は困るだろうな」と思ったのは事実である。


まあそんなことよりも、大西さんが読んで頂いているのは感激である。
ずっと以前に一度、リンクを貼ってくださったことはあるが、
それは、確か「年寄りのブログ」とか言うことだったと思う。

それにしても、忙しい方なのに、樋渡さんにしても、大西さんも、
ブログの『徘徊』をなさっているのである。
RSSなどの仕組みがあるから可能なのだろうか。

つい先日、『徘徊』=『マーケッテング』と書いたところだったのだが。
マーケッテングのプロに『徘徊して見つけていただいて』

いつになく嬉しい『トラックバックであった』


にほんブログ村 シニア日記ブログへ最後までお読み頂いて有難うございました。
お手数ですが、ちょっとクリックして頂けますか?






そうだ北海道に行こう』で検索すると山のように出てきますが

で始まる大西宏さんのブログ、ホントかなと検索してみた。

Googleで110万件、Yahooでは420万件もある。

それぞれ1ページのトップに現れるブログはこれである。
Yahoo

Google


夏の北海道に遊びに行こうというのではない。
確かに、北海道の夏は快適である。
2年間だけ札幌で過ごしたが、エアコンが要るのは7月末からの1週間程度である。
湿気もないし暑いなどと感じることもない。

そんな北海道の夏も懐かしいのだが、
こんな風に『そうだ北海道に行こう』などと検索するのだということに、興味関心があったのである。

何でも検索するものである。
先日『エコポイント申請書』のことをアップしたらこのところ毎日この検索用語で沢山のアクセスが集中している。

『エコポイント申請書』に対して『そうだ北海道に行こう』は総数で数倍だからひょっとしたら、これでまたアクセスが増えたりはしないかと実験しているのである。


それは、ともかく北海道の自然はすごい。
大西さんのブログにある『羊蹄山の湧き水』内地で言う湧き水とはそのスケールが全然違う。

立地も札幌から適当な時間のドライブで、山自体の景観もいいしお勧めコースであろう。2年の間に5回ほど訪ねたような気がする。

北海道で、印象に残っているのは、道東のどこまでも続くまっすぐな道、
先日の遭難事故で名前の出た、『トムラウシ山』ではなくて『トムラウシ温泉』
その近くにあった『日本一大きいと言う牧場』などである。
北のほうの、それこそ何もない湿原など、何もないのも北海道らしいのかも知れない。

でも、2年もいて、あちこち行っては見たが、地図の上での大きな道はほとんど全部走っては見たが、それでもちょっと見たという感じである。


『そうだ、北海道に行こう』と仮に思っても、
1週間ぐらいなら、どこに行くのだろうか?
知っている人がいっぱいいる、札幌に行って夏のゴルフでもするかというようなことになってしまいそうである。

でも、夏は快適だが、冬が厳し過ぎるように思う北海道である。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ最後までお読み頂いて有難うございました。
お手数ですが、ちょっとクリックして頂けますか?



皆さんもご経験があるのか,ないのか?

昨日、突然何かの拍子にアドレスバーが、パソコンの画面から消えてしまったのである。表示を見てもアドレスバーにはチェックが入っている。
リンクを貼ってた途中の出来事で、どうしたらいいのか途方にくれた。


もともとパソコンの技術的なことには弱いを通り越して無知なので、
早速周囲のパソコンの先生方に電話をして、聞いてみたのだが、もう一つよく解らないし解決しないのである。

ただ、何事も何とかなるさと思う性格で、
トコトンダメならパソコンを新しく買いなおせば何とかなるはずだ、などと思ったりした。


パソコンの先生方も、特にこれと言った解決法をお持ちでないようなので、検索で試してみたのである。

『ツールバー』 『アドレスバー』などと入れると、勝手に「アドレスバーが表示されない」とか「アドレスばーが消えた」という言葉が現れて、それをクリックすると、解決方法と思われるいろんな方法が現れるのである

ところが、これらの解決方法は、全く現実的でない。
私など、読む気もしないほど専門的で難しく、こんなのはとても解決法と呼べるものでもないし解決しないのである。

それでもいろいろやっていたら、
これなら『解るかも?』と思われるレベルのものが現れたのである。




『goo 教えて goo』 のこんなページである。

これ位なら若しかしたらで出来るかも知れないと思った。
3つの回答の中の一つ目で出来たのである。

『「ツールバーを固定する」のチェックを外した後でメニューバーの右端「アドレス(D)」と書かれたところ左の点々に、マウスポインタを、持って行き、左右の表示になったら、右クリックして、表示されるはずなので、「ツールバーを固定する」のチェックを入れて終わりですよ。』

これくらいは、出来た。そして直ぐ表示が現れた。
以前と少し違う場所の表示だが、これで十分と思った。

3番目の回答の通りやればどこにでも現れるのだろうが、折角出てきたものがまた消えてしまうのが怖くて、ナニモしていない。

この回答者の koboy0808 さん はこんなプロフィールの方で2200回以上も回答し、330回以上のお礼も貰っている方である。

私は、お礼の仕方もよく解らないので、こんなブログでお礼の気持ちを表しているのである。
ホントに有難うございました。 ほっとしました。

今朝、今の状況は、また現れていないのだが、上の方法で直ぐ現れるので安心しているのである。
それにしても、どうなってしまっているのだろう。


このブログから転載です。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ最後までお読み頂いて有難うございました。
お手数ですが、ちょっとクリックして頂けますか?



ブログをやりかけてから2年半ほどである。
と言うよりパソコンをやりかけてからも4年ちょっとだと思う。

多くのブログやSNSに関係しているので、パソコンや技術には詳しいと思われたりするのだが、元来技術関係はサッパリである。何にも解っていない。
その上に○○教室なども苦手なので、パソコンも独学である。

だからほんとにつまらぬ基礎的なことが解っていない。
先日来、メール関係の受信の調子がもう一つだとは思っていたら、先週の土曜日から突然動かなくなってしまった。

月曜日の昨日、マイクロソフトの障害専門のところに電話していろいろ教えて貰った。
電話の窓口担当の女性は、無茶苦茶親切で、10時から延々12時を過ぎて1時ごろまで3時間近くあちこちと調べて対策をしてくれた。
何とか動くようになったのだが、正常ではない。

『その原因が23000通の受信メールなのである。』

このメールが受信元と削除済みアイテムの中に残っていて重くなっていたので、
それを消すことから対策は始まったのである。
マイクロソフトのOut look からはすべて消えたのだが、niftyのサーバーには残っているのでそれを消して貰わぬとダメだと言う。

niftyに話してみると、ホームページにアクセスしてーーと説明があり、メールのページが出てきた。
niftyにメールの機能があることをはじめて知った。
そして、このブログのページは何の問題もなく動いているのである。送受信も全然問題ない。許容量が全然違うようである。

ここにはまだ23000通のメールは残っていて、消して頂けますかと言うと
『10日ほどかかります。その間来るメールも一緒に消える可能性もあります。』
niftyでのメールの送受信は問題ないので、Out look を止めてこちらでやられては、とも取れるようなお答えである。

何か訳が解らなくなって、私のパソコンの先生役のカバン屋さんや明石原人さんたちに電話でいろいろ聞いてみたら、いろいろ教えて貰って、その対策も含めて昨日は文字通り終日パソコンの前にいた。


流石に疲れてしまった。
いつもは前日に書き上げているこのブログも、今日はいまパソコンの前に座ってキーを打っている。

それにしても、23000通よくもメールが来たものである。
殆どが情報収集のためのものだから、とんだあとは必要ない。
今日から、自分でボツボツと23000通を消してゆきたい。
Out look のほうは、全部一括消去する方法も覚えたばかりだが、niftyのほうは50通ずつの消去方法しか解っていない。

昨日30分ほどかかって23000通から20500通まで減らした。
今日から、この消去の作業である。
一括消去の方法もあるのかも知れぬが、意外にこんな単純作業は好きなのである。
達成したときの達成感がいい。

マイクロソフトの障害担当からは、『3000通になったらもう一度ご連絡下さい。その時点で最終対策をします。』と言われている。
今日は50通づつ400回ほどの消去を繰り返す作業が続きそうである。

コメント

ブログを書き出して、もう3年目に入っている。

ブログにコメントは付き物である。
双方向の情報発信という意味では、コメントの機能が果たす役割は大きいと思っている。

世の中のブログを見ていると、無茶苦茶コメントの多いブログもある。
コメントの多いブログと言うランキングがあったりもする。

幾つかのブログやSNSをやっているので何となく、コメントの傾向は解るのだが、
システムが小さいほうが逆にコメントは多くなるような傾向にある。
また、所謂親しいネット上でもトモダチになると。コメントは繰り返し送られるようになる。

そしてコメントから、どんどんネットを離れて現実に繋がったりすることも多いのである。

ただ、勝手なことを言うと、
全然コメントが来ないのももう一つだと思うが、どんどん来すぎるのも対応に追われて困ってしまう。
一番困るのは、望みもしないおかしなコメントやトラックバックである。
FC2は私がやっている6つのブログの中で、一番この手のコメントは多い。
その対策のために毎日何回か、ブログをチェックする必要がある。

今年になって、小さな地域SNSにジョインしたが、ブログへのアクセス数の割には、コメントが多いのが特徴である。

その辺の親しみが持てるところが、小さなSNSのよさかも知れない。
gooのほか、幾つかのブログをアップしている。
いろんな方からコメントを頂くのだが、
コメントの数はやはり『ひょこむ』が群を抜いている。
こんなところが、SNSのよさなのだろう。
ブログとはちょっと一味違っている。

いろんな人との出会い、お付き合いのきっかけになるのが、コメントである。


年末、年始いろんな方から、コメントを頂いた。
それぞれに、いろんな感慨や想いがあるのだが、私の印象に特に残っているものを幾つか。



東京世田谷のかずしさん。
カワサキ大好きの37才のバイク乗り、mixiのマイミクだが、
『内容が、難しい事もあってなかなか、コメントを返せなくてスミマセン
しかし、来年もヨロシクお願いします 』 と年末に初めてコメントを頂いた。

ちょっと、反省である。
そんなに難しいことを書いている気はないのだが、コメントし難いのかな。
やはり、75才の年が前面に出ているのだろう。
気軽にどうぞと、コメントを返したら、早速年始にコメントを頂いた。

『とても嬉しかった』 コメント、そんな単純なものである。



ひょこむのトモダチからは、毎日といっていいほどコメントを頂く。
毎日、雑談をやっている心境である。楽しくていい。
カバン屋さんやこばちゃん@鉄Loveさんなどのブログはコメントが群がっている。
マメで遊び心があっていい。
コメントそのものの文章も、なかなかマネできないレベルである。
まねできないといえば、ローバーさんの「コメントもブログも」短いがセンスあふれている。

「マネできない」とばかり言っていないで、今年は一歩近づきたい心境である。



心待ちするコメントもある。
そして待てば必ず戻ってくる山彦のようなコメントがある。
武雄市長樋渡啓祐さん、はいぴーさんである
忙しいのに、ほんとにマメにチェックされている。
年末にも、そして今年1号のコメントが『武雄市長物語』めでたく復活のはいぴーさんからであった。
第2号は『武雄市民物語』の武雄人(たけおんちゅ)さんからであった

そして3番目が、三木からわざわざ、武雄まで樋渡さんの応援に行って武雄人さんとも会ってきた『さるとる』くんである。
今年も、武雄と三木いろんな新しい物語が展開されることだろう。
彼の年末のブログ、1年を振り返っているが、コメントもいっぱいである。
武雄と三木の橋渡しの先頭を走った。



秋から年末にかけて、カワサキ、バイク関係では、
新しい、若い方たちからのコメントが続いた。
ほんとにひょんなことで、始まっている場合も多い。

F9Rのレーサー話など、思わぬ展開になった。
mixi内の若い人たちの間で、盛り上がったみたいである。
情報を提供頂いた『ひょこむ』のトモダチに感謝である。

川崎重工に内定を受けている学生さんからも、コメントを頂いたりした。
その方から、また内定者仲間に広がりそうである。

ブログの繋がり、『ひとつひとつのコメントを今年も大事にしたい』
どこまで繋がるか予想もつかないのだから。


とここまで書いたら、
オットマンさんから、おめでとうございますのコメント。
オットマンさん、実は武雄の方で唯一『ひょこむ』の私のトモダチである。

今年は出来たら、武雄人さんなどひょこむにジョイン頂ければ、
また、面白い展開が期待できる。

GIGAZINE ギガジン

GIGAZINE ギガジン 解った人は、流石です。

マクドナルドの上を行っていることは、確かです。

凄いサイトがあるものです。一つ一つの記事の質が凄いと思ってみています。

1ヶ月に5000万ページも読まれるのも解るような気がします。

どのようにしてこんな記事集めるのでしょうか?
ネット社会だとはいうものの、その凄さに脱帽です。

署名TV

『署名TV』って、ご存知ですか?

昨日、夕方のテレビでやっていました。
世の中、ネットの世界はいろんなものが出ますね。
ちゃんとした仕組みを作れば、個人個人の末端がそれに参加するだけで、
何かが動いたりするのも、今の世の中らしいとおもいます。

そのコンセプトは、
『オンライン署名サイト 署名活動で政治を、企業を、社会を、暮らしを変えよう! 』 ということです。

まあ、一度クリックして、どんなものか見てください。

署名運動というと、何か仰々しいようなところもあるのですが、
このサイトの中味を見てみると、
誰でも気軽に立ち上げられて、署名の数がまだ一桁のようなモノも沢山あります。

『こんにゃくゼリーの復活』などもあって、結構署名が集まっていました。

こんな風に、起案者は言っています。
『株式会社マンナンライフは喉に詰まりにくい商品企画・子供/高齢者飲食禁止のロゴマークを印字して販売していた。
にも関わらず、このような事件が発生し、同商品はスーパーなどから姿を消してしまいました。
この署名ではメーカーに、販売再開を望んでいる人が多数いることを署名という形で、直接渡したいと思っています。 』

こんなサイトがあることが、分かっていないのが普通でしょうから、そこで5000近くの署名を集めたのは相当なものだと思います。
ちなみに、当初の署名目標数500ですから、目標の10倍近くも集まったということです。
テレビでは、こんにゃくゼリーの再開に、こんなサイトも影響力を与えたとか、そんなことで『署名TV』を紹介していたのです。


私は、好奇心から直ぐジョインしました。
今後またいろんな情報が、届けられるということです。

そして、直ぐ署名をしました。
オリックスの本拠地を神戸に戻そう』と言う署名運動です。
署名目標はこれはまたでっかくて1000000人ですが、署名者はまだ2名で、私が3人目でした。

こんな遊び心があって、罪のないのがいいと思っています。
勿論本来の政治課題に関するものなども、勿論あって多くの署名が集まっています。

このあたりでも、何か署名運動起こしたいことありますか?
SNSは、はや衰退期に向かいはじめた?
大西宏さんの、マーケッテング、エッセンスにこんな記事が載っている。

その中から、少し抜粋してみると、

『「SNSに飽きた日本のユーザーは55%」という。もう利用が伸びていくという勢いは感じることができません。
また日本での認知は71%に達し、まだ4年というのにはや成熟を迎え、衰退期に向かっていくのでしょうか。
確かにSNSは、つきあいが主目的で、得られる情報の深さが不足しているところにネックがあるのかもしれません。
ネットでの「つきあい」を深めていく要素が不足しているというのが正直なところでしょうね。』

SNSと言えば、mixiと言えるほど、mixiのシェアは高いし、参加人員も1300万人とずば抜けて多い。
私自身も、紹介されて入っているが、『もう飽きたか?』と問われると『Yes』と応えるであろう。
確かに、沢山の人とは会えるけれど、一種の流行で入っているだけで、人とは繋がるがそこから先が見えないのである。


大西さんは、こういう風にも述べている。

『利用者の多さだけでなく、良質なコンテンツ、つまり欲しい情報の集積度がなければ、CGMも厳しいということでしょうか。
そのための仕組み作りやマーケティングがなかったことが災いしてきたように感じます。
こういったメディアも、そろそろ新しい技術がリードするサイクルから、むしろマーケティングインするサイクルの時期を迎えつつあるように思います。

アンケートレベルではなく、もっと深いところでユーザーを研究することを行えば、新しい切り口がでてくることは間違いないと思いますが、これまでの成功体験が邪魔してなかなか発想を変えるというのは難しいかもしれません。』

まったく同感である。
そこに参加した人たちの仕組みに対する要求も逆にないのかも知れない。
世の流行だから、とりあえず時代に乗り遅れないように、と言う理由で参加した人が多いのだろう。



同じSNSだが、その規模はmixiとは比べるのもおかしいようなたった4000人の『ひょこむ』だが、
先月、日経の地方情報化大賞のグランプリを獲得した。
このSNSにも、丁度1年前から参加しているが、
同じSNSでも、一味もふた味も違っていると思う。
『地域活性化』がその基本目標に上げられている、兵庫県が後押しするSNSだけに、小型で地味だが、中味は濃い。

これは、『飽きる』と言うよりは、その機能を使う側が『使いきれていない』のではと思っている。


『ネットワーク』と言うものには、もう何十年も関係があったものだから、
ずっと興味、関心を持ち続けてきた。

SNSと言うような、インターネット時代のいいシステムは、『それを使って』使うだけではなしに、
『何かをしたい』という明確な意思をもっていなければ、その仕組みは機能しない。

ただ、集まっているだけでは、『飽きてしまうのは』当然の結果であろう。
そんな『マーケッテングをちゃんとやれ』と仰る大西さんの意見に共感である。




ブログをやりかけて、3年目に入ている。。

ブログは単純に日記みたいに自分の思いや行動を書いて残しておく。
それにコメントがついて、人の繋がりが自然に出来てゆく。
更に発展して、いろんなことが出来る。

など、ほんとに面白いものだと実感している。



然し、ブログやネットの世界は、いろんな機能があって、(あり過ぎて)
そんな機能を上手に使えばより効率的であるのは、わかっているのだが、どんな機械や器具があるのかは解っていないのである。

特に旧い写真や資料やデーターも、使えれば役に立つと思っていたが、
新聞記事がそのまま出ていたりしていて、どうやれば、そんなことが出来るのか不思議に思っていた。



そんなところに、ひょんなことで、『スキャナー』なるものに出会って、昨日買ってきたのである。

これは、いろいろと面白そうである。
ところが、同じように操作しても、ブログによってだいぶ違う。
FC2はどうかと思って試しに今やっている。f

これは大きくちゃんとできたが、ちょっと大きすぎる。
サムネイルではどうなるのか?
f
これは当然、小さいままである。

ブログによってまちまちである。
やはりこんな機能はYahooが抜群である。
ついで、excite,
FC2はその次ぐらいか。 gooはこんな機能はもう一つである。



これは元日本のとクロスチャンピオン山本隆の雑誌からの写真に本人がサインをしてくれたものである。今彼はもう65歳、それでもまだヴィンテージモトクロスで走れば。トップを走ったりする。
なぜ彼の写真を使っているのか、

彼が私に『スキャナー』の存在を教えてくれたのである。

こんなブログをアップしているが、『星野一義』 とはあの日本一早い男といわれた『星野』である。
カワサキのライダー時代は山本の弟分だった。
山本にこんな旧い写真どうしてパソコンに取り込むのかと聞いたら、
『スキャナーで簡単ですよ』
と教えてくれたのである。

解ってしまえば至極簡単である。
ところが、難しいブログもある。 gooなど私の技術では、大きくならないのである。
今朝のアスパラの記事に載っている。

『ぼける暇もないほどハマルブログの楽しさ』がその見出しである。

シニア層の関心が意外に高いとある。
ブログをやっている人は40歳以下11%であるのに対して、
50歳以上は6%と低いのだが、『関心がある、やってみたい』という人は21%も居て若い人よりは高いという結果が出ているようである。

私もブログをやりかけて9月9日で3年目に入った。
私の場合は、あちこちに幾つかのブログをもって、それぞれにコンセプトを持たせて役割分担させている。
そしてそれらをあわせたもので、一つの私なりの『雑感日記』の世界を作ろうと勝手に思っている。

gooは長くお世話になった二輪車の人たちやカワサキを中心に、これが最初のブログだし、これを中心に回している。
exciteは、自分の考え方などをベースに、今住んでいる三木市の人たち、それに関心がある人が対象である。
Yahooはもっぱら写真専用である。
村ぶろは、500人の村がブログエンジンを立ち上げるその心意気に感じて。
そして、FG2が今、一番コンセプトはすっきりしていない。スポーツとか時事ネタなどが中心になっている。


みんなそれぞれのブログにそれなりの思いをお持ちのようである。
確かに、コメントでトモダチも出来る。
具体的なイベントも出来たりする。

『コメントが多すぎて負担になって止めてしまった』
という方がおられたが、『もっともだと』思う。
贅沢なもので、コメントも欲しいがあまり多いと面倒である。

まあ、いろいろあるが結構楽しい。生活の一部になっている。



アクセス急増?

ブログのアクセス数は誰でも関心があるに違いない。

幾つもブログをやっているが、そのアクセス数は、全然違う。

主力のgooは300は超える。400を超えたら今日は多いと思う。
村ぶろは200を越えたり越えなかったりである。
FC2やexciteは大体60~80ぐらいである。

いつもはそんな数なのに、一昨日だったかFC2のブログのアクセスが一挙に200を超えた。
なぜ、急に?
推測するに多分書いた内容が、『阪神とオリックス』今話題の二つの球団だったので、
それからの検索で増えたのだと思っている。

検索をする人たちの数はすさまじいのだと思う。
何かがあると直ぐ検索する。
私もその仲間の一人だが、オリックスが効いたかなと思っている。

三木市の広報のブログに、『ブログdeみっきぃ』 というのがある。先日来、三木のビーンズドームに『めちゃ×2イケてるッ!秋のスペシャル』のテレビ収録があって、
そのことを何回か取り上げたのだが、アクセスが急増したと言っていた。

昨日は、何も更新せずに放っておいたが、大体いつものアクセス数に戻っていた。


いい出会いでした

昨日は、カバン屋さん宅で、お盆休みに四国からわざわざ来られた『緑亀349』さんとお会いしました。

マイピクチャ 468s-

思えば、昨年の2月にアップしたこのブログからすべては始まっています。

このブログをそもそも書くきっかけになったのは『ハラダ』さんです。
岩崎茂樹君、既になくなってしまいましたが、彼との間にはいっぱい思い出があります。
一緒に、いろんなことしてきました。

昨日、三木でお会いした『緑亀349』さんや『カバン屋』みんなこのブログからのスタートです。
それが、カワサキのモーターサイクルで繋がっています。
私はからっきしマシンに関しては弱いのですが、こんなマニアたちの話を聞くのは大好きです。
岩崎茂樹君は、この人たちの間に入っても、最右翼の物知りでした。
お盆です。
岩崎のこと書いている。このブログちょっと長いのですが、お盆の供養だと思って読んで頂けたら、岩崎も喜ぶと思います。皆さんのコメントも、今読んでも感激です。

カバン屋さんとの始めての出会いでした。
『はじめまして (toyama) =カバン屋さん
2007-02-08 17:15:07

はじめまして。

岩崎さんのお話を拝見して、感激しました。
岩崎さんには、とてもお世話になりました。
今でも感謝の気持で一杯です。
ご自宅にお邪魔して色々とお話をお伺いしたり、遊びに来ていただいたりと、楽しい思い出がたくさんございます。
本当に心の広い、素晴らしい方だったと思います。
岩崎さんのお話を書いて下さって、本当にありがとうございます。』



その人たちのほとんどが、今「ひょこむ」のトモダチになっています。
カバン屋さんに続いて緑亀349さんともお会いできました。
マイピクチャ 463s-


こんなマシンのどこがいいのか、私にはよく解らないのですが、
その道のマニアたちにとっては宝物です。
いつまで見ていても飽きないようですし、話はつきません。

カバン屋さんはZの
緑亀349さんはローソンレプリカの
クラブに色濃くかかわっておられます。

たった2時間半の出会いでいたが、ホントに良かったと思います。
またいつか、三木でお会いできるようになればいいなと、
そんな話にも花が咲きました。
FC2などにもいろんな仕組みがある。
競争とかランキングというとつい競いたくなる。

そんな人の心理を利用していろんなサイトがいろんな仕組みを考える。

ずっと以前から、気づいていたが『クリックお願いします』とバナーのクリックを奨めるブログは沢山知っている。
ところがクリックしたことがない。


つい半月ほど前から『にほんブログ』なるサイトにgooのブログでジョインした。
そして、バイクとかカワサキとかほかにもいっぱいカテゴリーはあるのだが、その中でランクを争っているのである。

半月経って、今朝こんなブログをアップした。


この仕組みを見ると、
結局個人のサイトのアクセスを競うのもあるのだが、要は『にほんブログ』への誘導を仕組んでいるのである。

それと、私自身がそうであったが、なかなかユーザーは動かないのである。
私のブログで言えば2.5%ぐらいである。

それでgooではちょっと仕掛けたら、直ぐ効果は出た。
FC2でこのブログをアップしているのは、これを見て、gooのリンクをクリックして更ににほんブログ村をクリックする人が果たしているだろうか。

若し1人でも居れば、確立から言って『大成功』なのである。
仕組む側もそれはよく解っていて、1人は1ではなくて、1人=10という表示をするのである。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。